御嶽海 相撲の怖さ実感、高校時代対戦の同学年・響龍さん訃報に「準備はしっかりやらなければ」

御嶽海 相撲の怖さ実感、高校時代対戦の同学年・響龍さん訃報に「準備はしっかりやらなければ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

大相撲の小結・御嶽海(28)が2日、報道陣の電話取材に応じ、取組中の事故で救急搬送されて先月28日に急性呼吸不全で死去した響龍さんについて「同級生。高校時代、1回(試合を)やったことがある。巡業も向こうは何回か(他力士の)付け人で来ていて話したりした。響龍くん、ヘルニア持ちだったんでしょ?確か」と明かした。

No image

夏場所に向け稽古する御嶽海(日本相撲協会提供)

同学年であり、学生時代から知る力士が命を落とし、相撲の怖さを改めて感じたという。ぶつかり合う衝撃で首に電気が走るのを当たり前のように思っていた時期もあったようだ。夏場所(9日初日、両国国技館)が迫る中、「ケガをしないように普段の準備はしっかりやらなければいけないというのは、改めて思った」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加