東山紀之と約30年ぶり共演の渡部篤郎「兄さんは当時も大スターだった」

東山紀之と約30年ぶり共演の渡部篤郎「兄さんは当時も大スターだった」

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/06/23
No image

Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」の生配信イベントが23日、行われ、主演・東山紀之と共演の小澤征悦、ローレン・サイ、松平健、渡部篤郎が登壇。東山と渡部が約30年ぶりの共演を振り返った。

法務省外局・公安調査庁に設置された極秘スパイ機関「GOS=Global Operation Service」の諜報員(スパイ)が、人知れずこの国を守るため活躍する姿を描いたスパイアクションエンターテインメント。

「地上波ではできない激しいアクションを」との強い思いで本作に臨んだという東山。「アクションって、出来る年齢があると思うので、それを打ち破ってみたい思いが強かった」と限界に挑んだことを明かしたが、バディ役・小澤は「(アクションのトレーニングで)ボクシングのミット打ちもしたんですけど、僕は3分でヘトヘトになったのに、横で東山さんが汗1つかいていない。しかもその後、家まで走って帰るんです」と脱帽。東山が小澤のアクションをほめつつ「これからはほめ合って生きていくという、ね」と言うと、小澤は「そうだね、ヒガシ!」とバディ感を出し会場の笑いをさそった。

紅一点の女スパイを演じたアメリカ出身の女優ローレン・サイも、独学で学んだという流ちょうな日本語でトークを盛り上げた。「最初は日本のアニメーションに興味があって、いつか日本で仕事をしたいと思いました。そこから日本のアートとかファッションとかも好きになって。まだまだ勉強中なんですけど(笑)」と謙遜するローレンに、東山も「本当に素晴らしい才能」とべたぼめ。

No image
No image

本作で約30年ぶりに東山と共演をはたした渡部は、東山を“兄さん”と呼びつつ、前回の共演時を振り返り「僕が23、4歳くらかな。東山さんは当時も大スターでしたけど、僕はまだまだ駆け出しで。いまここにこうしていられる自分をほめてあげたいですよ」。劇中の役どころさながら、貫禄たっぷりの渡部に東山は「しゃべり方とかたたずまいとかが政治家みたいになっている」と苦笑しつつ「30年以上経っているという気がしなかった。いい出会いだったなと改めて感じました」と振り返った。

終始、和気あいあいとトークを繰り広げた一同。「この中で一番スパイに向いていると思う人は?」という質問に東山と松平は互いの名を上げ、松平が「東山さんはすごい能力を持っているから。歌って踊って時代劇もやって…」と言うと、すかさず東山が「それ健さんでしょ」。さらに東山が「健さんはエンターテイナーとしてすごい。いつかバックダンサーやりたいですよ」と松平のバックダンサーに名乗りを上げる一幕もあった。

8月からは世界配信もスタート。海外の人におすすめの日本の名所はと聞かれると、東山は「東京は古いものも新しいものもあって、猥雑なところも文化として成立しているし、何を食べてもおいしいし…こんなとこ世界にも無いんじゃないかなと僕自身、思っています」と言い「こういう作品を日本発でできたことがうれしい」と胸を張っていた。

Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」は6月24日よりAmazon Prime Videoにてプライム会員向けに独占配信開始。

No image
No image
No image
No image

秋吉布由子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加