「胎児の心拍停止を祈ることになった」 マルタ旅行中の米国人夫婦

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2022/06/23

「欧州のハワイ」と呼ばれるマルタへ胎教旅行に行った米国人夫婦がマルタの厳格な堕胎規制に苦しんでいる。

22日(現地時間)の英BBCによると、妊娠16週のアンドレアさんは夫とマルタを旅行中、激しい出血があった。病院に行ったところ、アンドレアさんの胎盤は子宮からほとんど剥離し、胎児の生命が危険な状況だった。

しかしマルタの堕胎法上、胎児の心臓が拍動している限り堕胎を行うことができなかった。この規定のためアンドレアさん夫婦は病院で娘の心拍が自然に停止することを祈る状況となった。

問題はこのまま置けば感染が悪化してアンドレアさんの命まで危険になるという点だ。アンドレアさんの夫は「堕胎さえすればアンドレアの感染は防げる。娘(胎児)は生きることができない。娘を生かすためにできることは何もない。私たちは娘を愛して暮らすことを望むが、娘が生きる方法はない。アンドレアの感染が悪化する前に娘の心拍が停止するこを祈ることになるとは想像もできなかった」と話した。

堕胎をするには他の国に行く必要があるが、アンドレアさんの出血が止まらず病院を離れるのも難しい。医療施設を備えた飛行機に移動するには莫大な費用がかかるため、夫婦は病院で動けずにいる。

夫婦の唯一の希望は旅行保険で英国に行って堕胎することだ。

マルタの弁護士であり女性人権財団の理事長は、アンドレアさんのような事例が1年に数回あるとし、「妊婦の命が危険なら妊婦を救うために堕胎をするのが普通だ。妊婦の危険だけでなく家族が受ける精神的外傷のためにも堕胎法は変わらなければいけない」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加