尽誠学園が8強 高松を七回コールドで下す

尽誠学園が8強 高松を七回コールドで下す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/02
No image

2本の適時打を放った4番の尽誠学園・宝来真己

「高校野球香川大会・3回戦、尽誠学園8-0高松」(1日、レグザムスタジアム)

尽誠学園が2戦連続の七回コールド勝利で8強に進出した。

初回に仲村光陽内野手(3年)の今大会初安打で先制。五回無死二塁では、この大会から4番に座った宝来真己内野手(3年)が「1点ではピッチャーが苦しい。フライでのアウトも続いていたので、なんとか流れを変えたかった」と、右越えの2点適時三塁打で追加点を奪った。

この日は公式戦初登板となった浜元嵐士投手(3年)が先発。「全然緊張しなかった」と、4回5三振無失点の堂々たる投球を見せた。小豆島中から「自分の力を試したくて」尽誠学園へ入学。昨年の秋季大会中、内野手から本格的に投手へ転向した。左腕エースの村上侑希斗投手(3年)と競争する中で、心が折れかけたこともあったが「みんなに背中を押されて」野球を続けてきた。

浜元の後は乾陽太投手(3年)、清水佑樹投手(3年)が無死点でつないだ。西村太監督も「村上以外のピッチャーがどれだけ頑張ってきたのかを見たかった。予想以上のピッチングで期待に応えてくれた」と、笑顔で振り返った。

次戦準々決勝は8日、2日行われる坂出工と高松桜井の試合の勝者と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加