AIモデル AIが生成したモデルで撮影サービスを開始

AIモデル AIが生成したモデルで撮影サービスを開始

  • 繊研plus
  • 更新日:2022/06/23

AIモデル(東京)は、「モデル撮影サービス」の提供を始めた。AI(人工知能)技術で生成したファッションモデルでささげ業務(撮影・採寸・原稿作成)の課題を解決する。

モデル撮影サービスは、商品画像を撮影し、仮想試着技術でAIモデルのコーディネート着用画像を作成する。AIでモデルを生成するのでヘアメイクが不要で、大量の商品も短時間で撮影できる。顔や髪の色、体形を自在に変え、ブランドに最適なオリジナルモデルを作ることもできる。ECサイトの閲覧データから顧客に最適なモデルを提案する機能(特許取得)もある。

AIで生成したオリジナルモデルは、契約期間内なら掲載媒体に制限はない。ECサイトだけでなく、広告バナーやPOP(店頭広告)、店頭などでも利用できる。

撮影から合成、納品までを一貫して行うため、低価格・短納期のモデル撮影が可能となる。スタジオで商品を撮影しモデルを生成するプランや生成用のモデルを派遣するロケーション撮影など、ニーズに合わせた最適プランを提案する。

また、アパレル企業のECサイト構築やささげ業務、カタログ撮影など豊富な経験で、アパレル企業に特化した質の高いサービスを提供する。料金は50着15万円から。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加