TOKIO・松岡昌宏はおばあちゃん似!? カメラに見せた“体の一部”に、「アップで見せてもらえるとは」とファン歓喜のワケ

TOKIO・松岡昌宏はおばあちゃん似!? カメラに見せた“体の一部”に、「アップで見せてもらえるとは」とファン歓喜のワケ

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/06/10
No image

TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が9日に放送された。この日のゲストは女優の吉岡里帆。女性代表ゲスト「エンジェルちゃん」枠として、森三中・大島美幸が登場した。

今回話題になったのは、大島が吉岡へ投げかけた「親に似ちゃったな……何?」という質問。大島いわく、テレビ局へ見学に連れて行った息子が、「ヌルヌルの中階段をのぼっていく」自分の仕事中の姿を見て、後日、自分の顔に溶き卵を塗り始めたという。実際にその時撮影したという動画も紹介され、スタジオは大爆笑に包まれた。

また、吉岡は大島からの質問に対し、「身体のパーツって、妙なところ親と似てませんか?」とコメントしつつ、足の親指の形が父親とそっくりだと告白。ガッシリとした指がコンプレックスで、幼い頃は「なんで似せたの?」と文句を言っていたとも語った。

このエピソードに、国分太一も「でも、パーツは絶対似るって言うよね」「僕も、下の子は頭の形、まるっきり一緒だって言われる」と、娘と頭の形が似ていることを明かした。なんでも国分の頭の形は「結構複雑な頭の形してて、クセがある」といい、「下の子も同じ頭の形してる」と、変わった形をしているからこそ、似ていることがよくわかるのだとか。

なお、松岡昌宏は、「俺、おばあちゃんが小指に爪生えてない人で、足の」と暴露。「俺も小指に爪ないの、足の」とカメラに見せた足の小指には、申し訳程度に小さな爪が生えており、「ちょっとしか生えてこない」ため、「切ったことない」とのこと。そんな松岡に吉岡は、「でもやっぱ、指らへんってすぐわかりますよね、似てるかどうか!」と共感し、「しつこいんですけど……」と再び足の指を見せながら、「小指が異常に短いんですよ」「これ、お母さんにそっくり!」とアピールしていた。

この日の放送に、ネット上では「顔が似てなくてもとんでもないところがそっくりだったりするのよね」と共感する声のほか、「松岡くんの小指の爪のことは初めて知ったな……!」「びっくりした!」と驚く声も噴出。また、「足の指をあんなアップで見せてもらえるとは思わなかった」「あああ推しの足 ありがとうございます」と、普段見ることができない部分が見られたことに喜ぶファンの姿も見受けられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加