広島・栗林 デビューから13試合連続無失点 ついに甲斐野の記録に並んだ!

広島・栗林 デビューから13試合連続無失点 ついに甲斐野の記録に並んだ!

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇セ・リーグ 広島―巨人(2021年5月3日 マツダ)

No image

<広・巨(7)> 広島3番手の栗林は1イニングを無失点に抑える (撮影・光山 貴大)

広島の“ルーキー守護神”である栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が、3日の巨人戦に登板し、1回を無失点で抑えた。これで、初登板から13試合連続無失点。ドラフト制以降の新人では19年にソフトバンク・甲斐野が残した記録についに並んだ。

出番は2-3の9回だった。劣勢での登板はプロ入り後初。それでもチームの逆転を信じて、マウンドに上がった。先頭のスモークは空振り三振。ウィーラーは遊ゴロをしとめると、若林を一ゴロと、見事に3者凡退で退けた。

記録更新に注目が集まる中、栗林は「次の1試合をゼロで…という気持ちはあるけど、3点差なら1、2点取られてもチームが勝てばいい」と言及。“試合に勝てばいい”という守護神らしい回答だったが、今回も完ぺきな内容だった。

栗林はオープン戦4試合を含む今春の対外試合は、7試合連続無失点。新人らしからぬ安定感を買われて、佐々岡監督からクローザーに指名され、開幕2戦目となった3月27日の中日戦で初登板初セーブ(プロ野球史上5人目)を挙げると、その後も持ち味を発揮する“ミスターパーフェクト”ぶりで、日に日に存在感が高まっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加