【日本一早い秋】世界レベルの山岳観光地!「秋の立山・登山と温泉を満喫する1泊2日」

【日本一早い秋】世界レベルの山岳観光地!「秋の立山・登山と温泉を満喫する1泊2日」

  • BRAVO MOUNTAIN
  • 更新日:2022/09/23
No image

「立山」をバックに撮影(撮影者:同行者)

国内だけでなく、海外からも観光客が訪れる立山黒部アルペンルート。山岳信仰の山で、日本の三大霊山のひとつでもあります。立山は立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つで、雄山、大汝山、富士ノ折立、3つの峰の総称であって、「立山」という名のピークは存在しません。

関連:【写真】幻想的な「立山」の朝焼け! 美しい空のトーンに見惚れる

今回は登山と室堂散策、さらに温泉! 「立山」を1泊2日で満喫してきました。

■アルペンルートを満喫して絶景の世界へ

今回私は「扇沢駅」から関電トンネル電気バス、黒部平ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバスを乗り継いで「室堂」へ向かいました。観光名所を通りながら大自然と珍しい乗り物にワクワクしながらの移動です。

※現在、近隣県民割というWEBチケットでお得に行けるので、該当する方には特にオススメです。

室堂ターミナルを一歩出ると、いきなり3,000m級の山々に囲まれた絶景が待っています! 立山はすべてが見どころですが、今回の目的は、「立山」登山と「みくりが池」を楽しみにして訪れました。

■秋はこれからが本番!

No image

赤い実のナナカマドと血の池

9月中旬は、草紅葉が色づき始めたくらいでした。秋本番(9月下旬〜10月上旬)になると一面の紅葉の絨毯になるということでこれからが楽しみです。そんな中でも早くも秋を感じてきました!

立山の麓ではチングルマの綿毛やナナカマド、リンドウの蕾、ワレコモウなどたくさん秋の高山植物を見かけました! 雄山へは登ったことがありますが、雪の無い季節は初めてで、登山道の様子を初めて知りました。室堂から一ノ越までは歩きやすい石畳、一ノ越から雄山山頂までは岩場の急登、山頂には雄山神社峰本社……。2時間ほどでたどり着く雄山までは多くの人で賑わっていました。

■「立山」を縦走

No image

大汝山山頂をGET!

雄山からすぐお隣の大汝山へ。20分ほどで到着です。岩場の少しガレた登山道ですので慎重に。最高峰の大汝山に到着しました! 眼下には黒部ダム、針ノ木岳の稜線に目を奪われます。

次は富士ノ折立です。こちらも10分ほどでピークに立ち、「立山」に登頂することが叶いました。富士ノ折立は残念ながらガスに包まれてしまいましたが、岩場を登るのが楽しかったです。雄山ほどではないですが、絶え間なく登山者が訪れていました。

■山の宿で泊まる楽しみ

「立山」に登ったあとは、雷鳥荘に泊まって温泉につかろう! という最高なプラン♪

雷鳥荘に到着して早々に、お目当ての温泉に入れば、窓が額縁かと思うような景色です。素晴らしさに感動しながら、身も心も癒されて優雅なひとときを過ごしました。食事もビールも最高でした! いつも日帰りの慌ただしい登山が多いので、今回はかなり贅沢な時間でした(時間があればいつもこんな登山をしたい)。

■早朝散歩と朝風呂の贅沢なひととき

早起きをして朝散歩に出かけました。夜が明けるかどうかくらいの時間から歩き始めました。とてもわずかな時間でしたが、空がオレンジやピンク色に染まり、綺麗な朝焼けを見ることができました。

どこかのピークで日の出を見ることも考えましたが、今回はのんびり贅沢に過ごそうと、ピークではなく「みくりが池」のリフレクションを狙いました。わずかな時間ですが、無風で穏やかな静けさの中、リフレクションを撮影することに成功! 大満足でした。

No image

みくりが池のリフレクション

再び雷鳥荘に戻って温泉にも浸かり、ゆっくり過ごしてきました。とてもおすすめです。

【写真】「もうすぐ見頃」2022年9月中旬の「立山」の紅葉具合

hykemika_y

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加