電話で好きな人と急接近! 理想の頻度とオススメの時間

電話で好きな人と急接近! 理想の頻度とオススメの時間

  • fumumu
  • 更新日:2021/10/14
No image

(shih-wei/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気になっている男性と距離を縮めるために、電話を活用する女性もいるでしょう。

fumumu取材班は、電話でのアプローチ方法を聞いてみました。

(1)就寝前にかける

相手の都合はちゃんと配慮して、可能な限りできるだけ高頻度がオススメかもしれません。

「かけるタイミングとしては、やるべきことが終わり、のんびりできる睡眠の少し前の時間がいいと思います。心地よい眠気のせいにして、相手もこちらも甘えたことを言いやすくなりますから。

頻度は毎日でもいいと思います。だけど相手に用事があったら潔く『忙しいなら大丈夫だよ、さみしいけどー』という感じで、無理強いはしないようにしましょう。

これをしばらく続けてくれるなら、もう付き合ってるも同然です」(20代・女性)

関連記事:婚活必勝法! 男子を落とす「電話テク」5ステップ

(2)長電話よりこまめに何度もかける

限られた時間だからこそ大切にしよう、という意識が芽生えるんだとか。

「用事がなくても、こまめに何度も電話をしてきてくれる彼女と話すうちに、彼女の気持ちがわかりました。短時間でおしつけがましくなく、でも『声が聞きたかったから』と、かわいいことを言ってくれたんです。

そして、だんだんと彼女からの電話を心待ちにしている自分に気がつきました。長電話だと面倒くさく感じたかもしれませんが、ササっとこまめにくれる連絡が、僕の場合はとてもうれしかったです」(20代・男性)

➂通勤時間

自分との電話を日課や暇つぶしだと思ってもらうことが仲を深めるコツ。

「私は少し前に、ずっと好きだった人と付き合えることになりました。やったことと言えば、通勤時間の徒歩タイムを狙って、電話すること。

仕事の始まりと終わりの時間って生活の大部分を占めるので、相手に強い印象を残すことができると思うんです。『夢にまで出てきた』と言われたことも。

『今日は電話しないのか』って思ってもらうために、週1くらいでランダムにかけました(笑)」(30代・女性)

好きな人と気軽に電話できる関係を築き、より親密になりましょう。

・合わせて読みたい→仕事で忙しい… なかなか会えなくなったカップルが仲良しでいる方法

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加