新型「iPhone」は出なかったけど新型「iPad Air」に驚いた!低価格「Apple Watch SE」も登場したアップルのイベントを5分間で紹介

新型「iPhone」は出なかったけど新型「iPad Air」に驚いた!低価格「Apple Watch SE」も登場したアップルのイベントを5分間で紹介

  • @DIME
  • 更新日:2020/09/16
No image

日本時間の2020年9月16日の午前2時、アップルがオンラインイベントを開催し、新製品の紹介を行いました。

No image

今回の注目は、「iPad」と「Apple Watch」の最新モデルです。早速、イベント内で発表された新製品について振り返っていきましょう。

iPadで注目なのは、何といっても「iPad Air」の激変!

2020年で発売から10年となった「iPad」シリーズ。

節目の年のラインアップとして、第4世代の「iPad Air」と第8世代の「iPad」が登場しました。

iPad Airは最新チップと指紋認証で「iPad Pro」を超えた!?

iPad Airは第4世代となり、ベゼルレス仕様のスッキリとしたボディを採用。そして、コロナ禍の今、マスク着用の機会が多い生活に便利な指紋認証センサー、「Touch ID」がトップボタンに搭載されました。

No image

ディスプレイはLiquid Retinaの10.9インチ。解像度は2388×1668と高く、高画質での動画視聴や編集が可能となります。

今回の目玉ともいえるのがチップセットで、何と「A14 Bionic」と呼ぶ最新のタイプを搭載。これは、iPhone 11 Proなどに搭載される「A13 Bionic」チップセットよりも新しいもので、重いデータの処理もこなせる性能に期待ができます。

No image

容量は64GBと256GBの2種類。充電はUSB Type-Cケーブルで行い、Apple Pencil(第2世代)やMagic Keyboardにも対応しています。

カラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、ローズゴールドに加え、グリーンとスカイブルーという淡色カラーも登場。一気にカラフルとなりました。

従来と同様にWi-Fiモデルとセルラーモデルが用意され、64GBのWi-Fiモデルは6万2800円から購入可能で、10月の発売を予定しています。

iPad Proとどちらにするか、迷ってしまいそうな高性能&高コスパに驚かされます。

No image

前モデル比で40%も高速化したiPad

第8世代となったiPadは、10.2インチのディスプレイを搭載し、外寸サイズは従来型と同一ですが、チップセットの世代が新しくなり、「A12 Bionic」プロセッサを採用しました。

これにより、前モデルとなる第7世代iPadと比較すると、CPUは40%も高速化しました。

No image

ストレージは従来型と同様、32GBと128GBとなり、カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色。価格は3万4800円(税別)からで、こちらは9月18日からの発売となります。

No image

Apple Watchで注目したいのは2万9800円から買える「Apple Watch SE」

iPhone製品との互換性が高く、多くの人が愛用するスマートウォッチの代名詞的シリーズ「Apple Watch」。新たに「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」が発売となります。

血中酸素濃度センサーを搭載したApple Watch Series 6

Apple Watch Series 6はカラフルなケースラインアップと、進化した「S6 SiP」「watchOS 7」を新採用。フィットネス機能を充実し、魅力的なモデルへと生まれ変わりました。

No image

目玉機能として紹介されたのが、血中酸素濃度センサーです。これは、ユーザーの血中に取り込まれた酸素レベルを確認できるもの。

No image

これまでもヘルスケア機能を豊富にそろえていたApple Watchに、新たな指標が加わったといえます。

No image

また、ワークアウトも種類を拡張。iPhoneやiPadといったほかのアップル製品とApple Watchを接続し、トレーナーのデモ動画の隅にWatchが計測した数値などの表示が可能になりました。

1つの画面で心拍数などを確認できるため、よりワークアウトに集中できるのではないでしょうか。

No image

内部のチップセットは、「iPhone 11」などに搭載されたA13 Bionicをベースとした「S6 System in Package(SiP)」を採用。前モデルよりも最大20%も高速化されています。

バッテリー駆動時間は18時間で、1.5時間以内にフル充電できる高速充電にも対応します。

常時表示Retinaディスプレイは、屋外で手首を下げている時に、「Apple Watch Series 5」より最大2.5倍の明るさを実現。明るい太陽光の下でも文字盤が見やすくなっています。

また、専用の鮮やかな赤いバンドが付く(PRODUCT)REDも新登場。ブルーアルミニウムのケースもラインアップしました。

No image

Apple Watch Series 6は、40㎜と44㎜の2サイズがあり、それぞれ4万2800円(税別)から、4万5800円(税別)からとなり、9月18日からの発売です。

手の届きやすい価格のApple Watch SEも登場

Apple Watch Series 6と同時に、比較的手の届きやすい価格に設定された、Apple Watch SEも登場しました。「iPhone SE」の発売も記憶に新しく、アップルが低価格モデルにも注力し、より多くの人の手に届くようにと考えていることがわかるラインアップですね。

No image

Apple Watch SEは2万9800円(税別)から購入可能で、こちらも9月18日からの発売となっています。

アップルは、Apple Watch SEについて「初めて使うお客様にとって最適なモデル」としています。これは、もちろん価格面でもそうなのですが、ワークアウトやコンパス、高度計、転倒検出といったApple Watchの基本的な機能がふんだんに搭載されているためでしょう。

No image

最新のwatchOS 7に対応し、「S5 System in Package(SiP)」を搭載するApple Watch SE。iPhoneを持っていない子どもやシニアの家族もApple Watchを楽しめる、ファミリー共有設定が可能な便利なApple Watch SEで、この秋のスマートウォッチデビューを検討してみてはいかがでしょうか?

No image

取材・文/佐藤文彦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加