セカオワFukase、Saoriから「まじサイコパス」血まみれ殺人鬼役のままラブソング作曲<キャラクター>

セカオワFukase、Saoriから「まじサイコパス」血まみれ殺人鬼役のままラブソング作曲<キャラクター>

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/06/11

【モデルプレス=2021/06/11】SEKAI NO OWARIFukaseが11日、都内で行われた映画『キャラクター』初日舞台挨拶に菅田将暉、高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督とともに出席した。

No image

(写真 : Fukase(C)モデルプレス)

【写真】セカオワFukase、緑ヘアにイメチェンで本気“ジョーカー”コス披露

映画を観たメンバーからの反応を聞かれたFukaseは「今日3人とも観てくれたみたいなんですけど、メンバーのSaoriから、これを演じながら『silent』というラブソングをかいていたのは、『まじサイコパス』ってきました」と今作の撮影中に昨年12月に発売されたSEKAI NO OWARIのシングル「silent」を作詞作曲していたことを明かした。

菅田も「『僕ラブソングかいているんだ』と言いながら真っ赤でした」と殺人鬼役ということで、血まみれの衣装のまま作っていたことに驚いた。

◆Fukase「気持ち悪かった」は「褒め言葉」

殺人鬼役の今作で俳優デビューを飾ったFukase。MCから「気持ち悪かった」と感想を言われると「ありがとうございます」と感謝。「監督に気持ち悪くなかったって何度も言われて、もう少し気持ち悪くいけるよって言われていたので、それは褒め言葉だと受け取っています」と笑顔をみせた。

さらに、オファーがあり、引き受けるかどうか迷っていたとき、神木隆之介に相談したそうで、「神木くんに優しい殺人鬼が似合うよって言われて。最初はどういうことかわからなかったんですけど、角を丸くして話すところからはじめてみたらと言われて、もう少し高い声を出して、録音して役作りしていきました」と明かした。

◆菅田将暉&Fukase「キャラクター」

今作は、もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?しかも、その顔を“キャラクター”化して漫画を描いて売れてしまったとしたら??そんなアイデアを基軸に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメント。

『20世紀少年』ほか浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者の長崎尚志氏が、10年の歳月をかけて練り上げた企画が実写映画としてそのベールを脱ぐ。人の悪を描けず苦悩する才能のない漫画家である主人公・山城圭吾を菅田が演じ、山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角をFukaseが演じる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加