「服を減らす」新ルール! 服が増えないための「8割収納」のコツ

「服を減らす」新ルール! 服が増えないための「8割収納」のコツ

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2022/09/23

服をなかなか捨てられないという人が多いようです。でも、見極めポイントを習得すれば、服は確実に減らすことができるといいます。今回は、スタイリストの大沢早苗(おおさわ・さなえ)さんに、「服が増えないための"8割収納"のコツ」について教えてもらいました。

【前回】ワンシーズン10枚だけのすてきコーデ術! スタイリストが教える「1週間着回しコーデ」を大公開

1.ハンガーは40本をまとめ買い

No image

ワンシーズン10枚の服と決めたなら、1年で40枚の服さえあれば過ごせる計算になります。これ以上増やさないためには、同じ種類のハンガーを余裕をみて40本買い、気軽に買い足せない状況を作り出しましょう。

2.カタチが崩れない服はハンガーにつるす

No image

ハンガーにつるして保管すれば、持っている服をひと目で把握できるメリットがあり、無駄な買い足しが防げます。出番が減った服は、あえて手前の目立つ位置にかけてみて、それでも着ない場合は手放しましょう。

3.アイテムごとにざっと分けて収納する

No image

マフラー、手袋、ソックスなどの小物は、アイテムごとに分けてケースに収納を。1ケースと決めたらそれ以上は増やさないのがキープのコツ。マフラーはロール状に畳んで立てておくと、選ぶときに時短できます。

4.ケースにしまう服は重ねず立てる

No image

ハンガーにつるせない服は、畳んでから立てて収納を。ケースの中身を一目瞭然な〝輪切り状態"にするのが正解です。ニットの場合、厚みを圧縮することもできるため、スペースの有効活用にも一役買ってくれます。

5.ハンガーは10cm間隔が理想

No image

ハンガーは8〜10cm程度の間隔をあけるのが理想。洋服と洋服の間にゆとりを保てば、服が探しやすい上にストレスなく出し入れができます。しわがつきにくくなるため、服が長持ちする利点もあり。

6.かさばる服は洗濯ネットで圧縮する

No image

スキー用品やアウターなどの収納なら、圧縮できて風通しも良い洗濯ネットが大助かり。圧縮した上で大きな布の収納ポーチに入れておき、湿気が気になる季節は開けてカビを防ぎましょう。

7.ハットは型崩れを防ぐため見せる収納にする

No image

型崩れしやすいハットは、壁に取り付けたフックに引っ掛けておしゃれに収納を。クローゼットの中はもちろん、玄関や自室のベッド脇など、お好きな場所に手軽に設置できるのがうれしいポイントです。

8.しまうと忘れがちなバッグは"見える化"する

No image

ケースに入れたままで有効活用ができていないナンバーワンがバッグ。特にブランドもののバッグほど、箱にしまって眠りがちになっていませんか? フックにつるし、いつでも手に取れる状態を目指しましょう。

「片付け」で世界の子どもを救う方法も

「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」は、1994年に設立されたNPO法人。会長は細川佳代子さん。「古着ボックス」はこちらを通じて、ミャンマーやラオス、ブータン、バヌアツなどの開発途上国の子どもたちにポリオワクチンを届けています。専用の強化紙袋に古着を詰めて送るだけ。あなたのご支援で多くの子どもを救うことができます。

開発途上国の子どもたちにポリオワクチンを届ける「古着ボックス」

片付けで子どもを救おう
古着ボックス(強化紙袋つき)
1個 3,740円(税込)
商品番号 M2291-68111
セット内容/専用強化紙袋(縦49×横50×高さ75㎝・利用時の高さ約57㎝)、専用着払い伝票など

No image

広げると↓

No image

ワクチン寄付数が10人に増えました!

▶「古着ボックス」の詳細はこちら

【まとめ読み】「『服を減らす』新ルール」記事リスト

取材・文/荒井さやか 撮影/斎藤大地

<教えてくれた人>

スタイリスト
大沢早苗(おおさわ・さなえ)さん

女性誌のスタイリングをはじめ、個人向けにもクローゼットの見直しやお買い物に同行するおしゃれカウンセリングを行っている。著書に『大人のわたしに似合う服〜ずっとおしゃれと言われる人が「必ず持っている服」「さよならした服」〜』(大和書房)。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加