ヤマハの最上位・完全ワイヤレスイヤホン そこにアーティストがいるかのよう

ヤマハの最上位・完全ワイヤレスイヤホン そこにアーティストがいるかのよう

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2022/06/23

ヤマハは、最上位モデルの完全ワイヤレスイヤホン「TW-E7B」を2022年6月24日に発売する。楽器メーカーでもある同社のアコースティック技術とエレクトロニクス技術を融合。アーティストが音楽に込めた思いを表現し、ユーザーの感情を動かす「TRUE SOUND」と、それを構成する音色、ダイナミクス、サウンドイメージの表現を追求したという。

No image

リアルタイムで周波数特性を補正

左右2つの正円で構成されたデザイン。アコースティック技術を活かした筐体設計を採用し、すぐれた装着感と密閉性を両立した。接地面は様々な円弧形状を持つ楕円形状とし、装着時に回転させて様々な耳にフィットさせられる。またイヤーピースは耳の孔の大きさに合わせて付け替えられる5つのサイズを用意する。

ハウジングに内蔵したインマイクにより、実際に耳の中で鳴っている音の伝達特性を測定してリファレンス(基準)と比較し、違いがある場合はリアルタイムに左右それぞれの音を理想的な周波数特性に自動補正する「リスニングオプティマイザー」を搭載。

また、独自のアルゴリズムを採用した「アドバンスドANC(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)」は、インマイクで拾った音を音楽信号とノイズ成分に分け、ノイズ成分だけにキャンセリング処理を施すことで音楽信号の劣化を抑える。

加えて、過剰に音量を上げることなく小音量でも音楽を楽しめる独自機能「リスニングケア(アドバンスド)」を実装。通常のリスニングケア機能に加え、コンテンツの音量や周りの騒音の変化を解析し、常に最適なバランスで音楽を再生する。

MEMSマイクを内蔵し、電話やウェブ会議などでも明瞭な音声で通話が可能。音切れなどを低減する「Qualcomm TrueWireless Mirroring」、左右のバッテリー残量を判断し効率よくバッテリーを消費する「ロールスワッピング機能」、ゲームや動画などの視聴時に映像と音のズレを抑える「ゲーミングモード(低遅延モード)」などを備える。

Bluetoothのバージョンは5.2、SBC/AAC/aptX Adaptive各コーデックに対応する。イヤホンは約2時間の充電で約6時間、付属の充電ケースと合わせれば16時間の再生が可能だ。IPX5防水性能を備える。

カラーはブラック、ベージュ、ダークブルー、ホワイトの4色。

価格はオープン。<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加