無人の自動運転車に「目」を付けたら事故が減る?東大の研究で可能性が見えた

無人の自動運転車に「目」を付けたら事故が減る?東大の研究で可能性が見えた

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2022/09/23
No image

Image: 東京大学

クルマとアイコンタクトで交通安全。

荷物や食べ物の配達、またはシャトルバスとして人の移動にも使われるようになった自動運転車。運転手が不要なのが良いところですが、たとえば東京パラリンピックの選手村でも人との接触事故があったように、アクシデントが皆無ではないのが現実です。たくさんのセンサーや制御装置を付けていても、よそ見をしている人間からぶつかってくる可能性も大いに有りえますし。

目と目で通じ合う

そうした事故を少しでも減らそうと、東京大学大学院の情報理工学系研究科にて、自動運転車にパッチリしたお目々を付ける実験を行なっています。

No image

Image: 東京大学

もし人間が運転していれば歩行者に気付いているか、運転席を見れば判断できることもありますよね。でも無人だとそれができません。だったらクルマそのものと目が合う/合わないで、歩行者が事故の危険を察知できたら?ということを確認するための実験なのです。

そういう仲になりたいわ

クルマと目が合えば、こちらに気付いているので止まってくれるであろうことが分かりますし、そっぽを向いていれば気付いていないので止まらない、というのが一目瞭然です。これをVRを使って実験した結果から、歩行者がクルマの前を無理して横切りにくくなることが判明したのだそうです。あくまで可能性を示す程度なので、100%事故を防げるわけではないんですけどね。

どんなにカメラやセンサーが発達しても、結局アナログなやり取りが直感的で大事ってことなんですかね。電光掲示板に表示された電子的な「目」よりも、ギョロっと物理的な眼差しの方が効果がありそうですね。

Source:YouTube, 東京大学 (1,2,3) viaNEW ATLAS,NHK

岡本玄介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加