「算数嫌い」な子どもにしないために 日常生活で取り入れたい「算数の力を育てる体験」とは?

「算数嫌い」な子どもにしないために 日常生活で取り入れたい「算数の力を育てる体験」とは?

  • オトナンサー
  • 更新日:2022/05/14
No image

子どもの「算数の力」、どう育てる?

小学校に入学すると国語、算数、生活、音楽、体育…と毎日さまざまな教科の授業があります。私は長年、学習塾を経営し、国語と算数を教えていましたが、最も好き嫌いがはっきりしていて、苦手な子がつまずきやすい教科は算数だと思い、指導してきました。

【画像】使ったことある? 「百玉そろばん」はこんな道具

どうすれば、子どもが算数嫌いになるのを避けられるのでしょうか。

「指を使って計算」を禁止してはいけない

ママ友の子は「1+2」「4+1」の計算式をどんどん解いているのに、わが子は指を使って計算している――。そんな様子を見ると、ついつい「もう幼児じゃないんだから、いいかげん、指を使うのをやめてちょうだい!」と言いたくなります。

なぜ、指を使って計算するのか。それは「数量が分からないから」です。まだ、頭の中で数を想像して動かすことができないので、実体験として、指に置き換えて数えているのです。この段階では、指を使わせていてもよいのです。

自分の指は、そろばんのようなもの。いわば“天然の計算機”です。心配しなくても、小学1年の後半になって指を使っている子どもはいません。自然に癖が取れていきます。むしろ、よくないのは、実体験がないままプリント上だけで計算問題をさせているケースです。小学校に入学する前、子どもが数に興味を持ち始めたとき、いきなりプリントをさせるのはお勧めしません。

また、幼児期は記憶力が高いので、中には「1+1=2」「2+3=5」という数式と答えを、計算の意味を理解しないまま、お経のように暗記してしまっている場合もあります。これを、「計算式を解いている」と大人が勘違いしないようにしましょう。

ところで、手の指は10本しかないので、「9+3」といった10を超える答えの計算式になると、指が足りなくなります。そこで、足の指も使ってやりたくなる子もいるでしょうが、数がどんどん増えていくと、手足の指を使っても足りなくなりますよね。

そんなときは「おはじき」を使いましょう。大人と競争して、両手でつかみ取りしたおはじきを数えさせる遊びも楽しいです。「1、2、3、4、5、6…」と数えるだけでなく、おはじきを10個の固まりでまとめて、「10と1で『11』」「10と10で『20』」と発展させるのもよいです。こういった実体験をさせる方が、ずっと能力を伸ばすことができますよ。

また、子どもが100まで数えることができるようになっても、それが実物と一致していなければ「身に付いている」とはいえません。

100ページある本の「55ページを開けましょう」と小学生に指示すると、1ページ目から丁寧にめくっていく子と、おおよそ半分の50ページからめくっていく子に分かれます。単に“唱えているだけ”の前者の子に対し、後者の子は、数の概念としての「100」を理解できています。ここでも、おはじきや、100個の玉で数え方などを学べる「百玉そろばん」を使って、「100とはどれくらいの量なのか」を実際に体験させることがポイントになります。

文章題が苦手なのは「実体験」がないから

「左のお皿にリンゴが2つ、右のお皿にリンゴが3つあります。合わせていくつでしょう」といった問題文を全く読まずに、「“合わせて”の文字がある。だから足し算だ!」などとキーワードを探し、足し算か引き算かを当てはめる小学1年の子がいました。ある意味、頭がよくて要領がよいお子さんですね。でも、キーワードだけを拾って計算していると、必ず限界が来ます。

例えば、次のような問題だとどうでしょうか。

「2人の子どもに、あめを3個ずつ配りました。あめは最初、何個あったでしょう」

「僕は100円を持って買い物に行きました。お釣りは20円でした。僕はいくらのものを買ったでしょう」

このような問題だと、「“合計”“全部で”“合わせて”のヒントワードがない。一体どうしたらいいんだ!」と頭を抱えてしまいます。計算問題は得意だけれど、文章題は苦手になってしまう子どもの典型的なパターンです。

なぜ、分からなくなるかというと、その場面が頭の中でイメージできないからです。つまり、「あめを分ける」などの実体験がないので、分からなくなってしまうのでしょう。きょうだい間などでおやつを分けるとき、大人がやってしまうのではなく、子どもに「お皿にクッキーを3枚ずつ置いてね」とお願いするなど、日頃から数に触れるためのお手伝いをさせましょう。こうすることで数の操作や、どんな式で計算したらよいか分かる素地が育ちます。これを「先行体験」というそうです。

「子どもにお金を触らせないのはNG」である理由

小学1年生の算数では、「150は10の固まりがいくつ集まった数ですか?」といった問題があります。これに、正しく答えられない子がいます。

しかし、駅の券売機できっぷを買うとき、自動販売機でジュースを買うときなど、普段からお金に触れる生活をしている子どもは違います。ちゃんと、「150円は10円玉が15個」と理解しているのです。「150」という数に対して、「100円玉と10円玉が5枚」「200円を支払い、50円のお釣りを受け取る」という実体験をしていると、より大きな数量も分かるようになっていきます。「指やおはじきを使わせる」「実体験を積ませる」「買い物をさせる」…こうした積み重ねで、算数の力がぐんぐん育っていきますよ。

小学校入学後、好き嫌いがはっきり分かれる「算数」。嫌いになってしまうとますます勉強しなくなるという悪循環が起きやすく、結果として成績差もはっきり出ます。算数は、プリント学習だけではなかなか身に付かないもの。コロナ禍やキャッシュレス化の影響もあり、実物のお金を触る機会は徐々に減りつつありますが、子どもたちが日常生活の中で自然と数に触れるための工夫を見つけてみてくださいね。

子育て本著者・講演家 立石美津子

立石美津子(たていし・みつこ),著書案内(立石美津子)1,著書案内(立石美津子)2

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加