巨人・中田翔が鬱憤晴らす特大の3号2ラン「オッシャー!」と雄たけび

巨人・中田翔が鬱憤晴らす特大の3号2ラン「オッシャー!」と雄たけび

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

8回、左中間へ2ランを放った中田(撮影・伊藤笙子)

「巨人5-2中日」(13日、東京ドーム)

巨人の中田翔内野手が特大の3号2ランを放った。打った瞬間スタンドインを確信する完璧な当たりに中田自身も「オッシャー!」と雄たけびを上げた。

1点リードの八回無死一塁で山本の初球148キロの直球を振り抜いた。打球は左中間スタンド中段に到達し、場内は大歓声につつまれた。

中田の一発は4月3日・阪神戦以来。「自分のスイングで一発で捉えることができた。最高の結果になってよかった」と振り返った。

この日は同点の四回無死一、二塁で15年目でプロ初の送りバントも決めた。「初めてのバントで緊張しました。成功できてよかったです」。犠打から流れをつかみ、特大弾につなげた。

ここまで不振に苦しみ、2軍降格も味わった。胸に渦巻くさまざまな思いをバットに込めた、渾身(こんしん)の一撃だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加