DeNA・阪口 右肘の炎症で登録抹消 2日ヤクルト戦で途中降板 三浦監督「しばらくノースロー」

DeNA・阪口 右肘の炎症で登録抹消 2日ヤクルト戦で途中降板 三浦監督「しばらくノースロー」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

2日のヤクルト戦(横浜)で2回途中で降板したDeNA・阪口について、三浦監督が「右肘の炎症です」と症状を明かした。右腕はこの日、出場選手登録を抹消された。代わって伊勢が1軍に昇格した。

No image

DeNA・阪口

阪口は今季、5試合に登板して1勝1敗、防御率4・29。今後について三浦監督は「右肘の状態を見ながら。しばらくノースローと聞いている」とした。

2カード連続勝ち越しと態勢を立て直してきているDeNAだが、先発事情は非常に厳しい。4月30日に京山が再調整のために今季2度目の登録抹消。翌5月1日には左肩に打球が当たった坂本も抹消された。そしてこの日の阪口と、4日間で先発投手が3人、抹消されたことになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加