ルカクがインテルで71年ぶりの快挙。ミラノダービー4試合連続ゴールを記録

ルカクがインテルで71年ぶりの快挙。ミラノダービー4試合連続ゴールを記録

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/22
No image

【写真:Getty Images】

イタリア・セリエA第23節のミラン対インテル戦が現地時間21日に行われ、インテルが3-0で勝利を収めた。1得点を記録したベルギー代表FWロメル・ルカクは、インテルの選手としては71年ぶりとなるダービー4試合連続ゴールという記録を達成している。

約10年ぶりに両チームが1位と2位に位置する状況で迎えたミラノダービーは、首位に立っていたインテルに軍配。FWラウタロ・マルティネスの2得点に続いて、66分にはルカクがピッチ中央付近からドリブルでの単独突破でゴール前まで持ち込んで左足で3点目を加えた。

これでルカクはセリエAのミラノダービーで4試合連続となるゴール。イタリア『スカイ』などが伝えたところによれば、インテルの選手としては71年ぶりの記録だという。

ミランから4試合連続でゴールを奪ったインテルの選手は1950年のベニート・ロレンツィ氏以来。ミランの側ではロメオ・ボネッティ氏が1973年に達成しているが、両チームを通しても48年ぶりの快挙となる。

昨季からインテルでプレーするルカクは過去2シーズンのリーグ戦のミラノダービー4試合全てで1得点。また今年1月にコッパ・イタリア(イタリア杯)準々決勝で対戦した際にも1得点を挙げており、カップ戦を含めると5試合連続ゴールとなっている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加