U-17日本高校選抜が始動。FW香西銀二郎(立正大淞南2年)「生き残ったりするためには結果を残さなければいけない」

U-17日本高校選抜が始動。FW香西銀二郎(立正大淞南2年)「生き残ったりするためには結果を残さなければいけない」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/11/25
No image

24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。選手権予選で敗退してしまったものの、今回の合宿でも鋭い抜け出しを連発するなど得点に絡む動きを見せている立正大淞南高(島根)FW香西銀二郎(2年=伊丹FC Jrユース出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●FW香西銀二郎(立正大淞南高2年)

―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。

「素直に嬉しいという気持ちがあるんですけれども、生き残ったりするためには結果を残さなければいけないという気持ちがあります」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?

「やっぱりFW陣が層が厚いので、その中でも自分が結果を残せるように頑張っていきたいと思っています」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?

「背後の抜け出しとか前で身体を張るプレーとか、一番FWとして負けたくないところです。淞南(の特長)はプレスとかハードワークなので、そういう面では身に付いたのかなと思っています」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい。

「2年連続負けて、何もできなかったという悔しさがあるので、来年の選手権は絶対に勝ちたいです。自分が点を取って勝ちたかったということが一番です」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?

「全員なんですけれども、やっぱり福田師王選手は凄いので負けたくないです」

―今回の合宿をどう今後に繋げていきたい?

「一つ一つコミュニケーションだったり、みんな上手いので、それを自分のチームに持って帰れるように頑張ります」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2021

▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加