台風15号 24日にかけ日本接近 警報級の大雨に注意

台風15号 24日にかけ日本接近 警報級の大雨に注意

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

23日午前、日本の南の海上で台風15号が発生しました。すでに太平洋側では激しい雨が降っていて、25日にかけて警報級の大雨になりそうです。

23日午前9時、高知県室戸岬の南で発生した台風15号は、夜から24日にかけて西日本から東日本の太平洋側にかなり接近する見通しです。

台風の湿った空気の影響で三重県や和歌山県では24時間で200ミリ前後の雨が降り、今月一番の大雨となっています。

24日にかけて近畿と東海で200ミリ、関東甲信で120ミリ、その後、25日にかけて東海と関東甲信で100ミリ以上の雨が予想されています。

警報級の大雨になる恐れがあり、土砂災害や河川の増水に警戒が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加