開幕のベルリンダービー原口元気がインサイドハーフで先発。ウニオン怒涛の3ゴール勝利!

開幕のベルリンダービー原口元気がインサイドハーフで先発。ウニオン怒涛の3ゴール勝利!

  • サカノワ
  • 更新日:2022/08/07
No image

ウニオン・ベルリンの原口元気。(Photo by Maja Hitij/Getty Images)

原口も突破から惜しいチャンスを作り出す。

[ブンデス1部 1節] ウニオン・ベルリン 3-1 ヘルタ・ベルリン/2022年8月6日15:30(日本時間6日22:30)/アルテ・フェルステライ

ドイツ・ブンデスリーガの2022-23シーズン開幕1節、ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気がヘルタ・ベルリンとのダービーで先発出場し、3-1の勝利に貢献した。

ウニオンは昨季に続き3-5-2の布陣を採用。新加入の昨季スイスリーグ得点王のジョルダン・シーバチュとジェラルド・ベッカーが前線に入り、原口は右インサイドハーフで先発した。

すると立ち上がりからホームチームが主導権を握り、31分、左クロスにシーバチュがヘッドで合わせて先制! 原口も思い切ったドリブル突破から好機を作り出している。

シュート数は前半10本対2本とウニオンが攻め続ける一方的な展開に。ホームチームが1-0とリードして折り返している。

後半立ち上がりの50分にはベッカーが追加点を奪取。54分、コーナーキックからロビン・クノッヘが押し込み、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で当初オフサイドとされた判定が覆り、さらにリードを広げた。

その後1失点を喫したが、ウニオンが3-1で勝利を収めた。原口は78分までプレーし、ミロシュ・パントビッチと交代している。

【注目記事】
久保建英VSダビド・シルバが実現、じゃんけん対決「グー」で勝ったのは?

【日本代表】カタールW杯26人「当落」予想。残すは「4枠」? 湘南FW町野修斗が急浮上。浦和DF酒井宏樹ら右SB不安、横浜FM小池龍太が争いに食い込む[毎週更新]

緊張の台湾在住、元日本代表FW森本貴幸も不安「しっかり情報集めて見極めて…」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加