岡田准一&坂口健太郎「ヘルドッグス」で相性98%バディ演じるも「全然合わない」実際は25%

岡田准一&坂口健太郎「ヘルドッグス」で相性98%バディ演じるも「全然合わない」実際は25%

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/09/23
No image

映画「ヘルドッグス」公開御礼舞台に登壇した、左から原田眞人監督、岡田准一、坂口健太郎(撮影・村上幸将)

岡田准一(41)が22日、都内で行われた主演映画「ヘルドッグス」(原田眞人監督)公開御礼舞台あいさつで、相性98%のバディを演じた坂口健太郎(31)との、実際の相性診断の結果が25%と低調だったと明かした。

坂口が「岡田さんと相性診断を、よくやっているんですけど毎回、すっごい低い」と苦笑すると、岡田も「本当は25%くらい。(相性診断で選択する)Aか、Bかっていうのも全然、合わない」と笑った。司会から「伸びしろしかないですね」とフォローされると、岡田は「そうですよね」と、うなずいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加