猛虎打線爆発で快勝! 阪神・中野が4安打4打点2本塁打 青柳が4勝目

猛虎打線爆発で快勝! 阪神・中野が4安打4打点2本塁打 青柳が4勝目

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/14
No image

6回にも2ランの阪神・中野拓夢。4安打4打点の活躍だった=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

(セ・リーグ、DeNA2-9阪神、6回戦、DeNA4勝2敗、14日、横浜)阪神が序盤からリードを奪って逃げ切り、連敗を2で止めた。

一回無死二、三塁からマルテの右犠飛で先制すると、佐藤輝が適時二塁打を放って先行した。三回は中野が右翼スタンドへ2号2ラン。中野は六回にも3号2ランを放ち、4安打4打点2本塁打と打ちまくった。ここ数試合は得点力不足に苦しんでいたが、マルテ、佐藤輝、大山とクリーンアップがいずれも打点をマークし、打線は13安打9得点と久々の猛攻だった。

先発した青柳は毎回安打を許しながらも6回8安打2失点で試合を作った。前回登板だった6日の中日戦(バンテリンドーム)は9回無失点も、0-0で突入した延長十回に失点してサヨナラ負け。打線の援護なく初黒星を喫していたが、この日は大量援護に恵まれ、今季4勝目をマークした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加