中央学院大・武田主将「わっしょい野球」で苦しみながらつかんだ初の日本一

中央学院大・武田主将「わっしょい野球」で苦しみながらつかんだ初の日本一

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

慶大対中央学院大 6回裏中央学院大1死満塁、武田は左に逆転3点適時二塁打を放ちガッツポーズ(撮影・浅見桂子)

<明治神宮大会:中央学院大9-8慶大>◇大学の部決勝◇25日◇神宮

中央学院大が「わっしょい野球」で初の日本一に輝いた。最大4点のビハインドから1点差まで詰め寄った6回。1死満塁で武田登生主将(4年=中央学院)が3点適時二塁打を放つなど一挙5得点で逆転した。

苦しみながらつかんだ栄冠だった。リーグ戦は開幕から4戦で1勝3敗。入れ替え戦も覚悟したが、武田は思い切って方針転換に出た。「暗くなっても仕方ない。明るくいこうという意味で『わっしょい野球』を心掛けました」。ピンチも好機も関係なく、全力で声を出すようにした。

雰囲気はみるみる変わった。リーグ戦、関東地区大学選手権、今大会を12連勝で一気に頂点まで駆け上った。笑顔を絶やさなかったナインたちも、ベンチ入りを逃した選手たちを前に大粒の涙。武田は「最高の景色です。いろいろな人の支えがあってここにいます。感謝したい」。“わっしょい”の結束力は強かった。【阿部泰斉】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加