鉄道・フェリー・バスが3日で3500円!「岡山香川ワイドパス」で瀬戸内海をめぐった結果

鉄道・フェリー・バスが3日で3500円!「岡山香川ワイドパス」で瀬戸内海をめぐった結果

  • BRAVO MOUNTAIN
  • 更新日:2022/11/25
No image

「tabiwa by WESTER」では瀬戸内海に浮かぶ小豆島にも行ける(撮影:西野くに)

最近、ネットで乗車券を予約して、列車に乗車した人もいるのではないだろうか。JR西日本でも西日本エリアを中心に切符が購入できる「tabiwa by WESTER(タビワバイウエスター)」というアプリを運営している。なお、サービス開始当初は瀬戸内海を中心に展開する「setowa(セトワ)」だったが、北陸エリアを追加して「tabiwa by WESTER」へリニューアルしている。

関連:■【画像】瀬戸内海で「うどん」ではなくパンをめぐる旅を

「tabiwa by WESTER」はスマートフォンでアプリをダウンロードし、アプリ内で切符を購入できるので便利だ。今回、いつもは讃岐うどんばかり食べている筆者が、「tabiwa by WESTER」を利用して岡山と香川の両県のパン屋を巡ってきたので、体験レポを紹介する。

■携帯画面を見せるだけで交通機関を利用できるtabiwa by WESTERの便利さ

No image

切符として、利用する際は携帯の画面を見せるだけなので、エコでもある

「tabiwa by WESTER」はJR西日本が運営し、瀬戸内海の情報とフリー切符を販売しているアプリだ。実際に乗車の際は携帯電話の画面を見せるだけなので、切符を紛失する心配もなくなる。

販売するフリーパスの地域は幅広く、西は山口県から東は岡山県、四国でも利用できるフリー切符が販売されているので、瀬戸内海周辺へ旅行する際はぜひ、チェックしてほしい。

また、11月から北陸エリアのフリーパスも発売されたため、こちらも合わせて確認して欲しい。ちなみに今回利用した「岡山香川ワイドパス」は、普通乗車券にフェリーとバスが3日間利用でき、3500円と格安だ。なお、「tabiwa by WESTER」でクレジットカード決済と画面を表示する際は、電波をONにする必要があるので、気をつけてほしい。

■人気の観光地岡山県倉敷でいただく絶品パン「Boulangerie mugi」

No image

倉敷の美観地区にある店舗は観光客も訪れやすい立地だ

岡山県内で人気の観光地は倉敷だ。倉敷の中でも昔ながらの街並みが残っている美観地区は、特に観光客に人気が高い。

No image

倉敷の中でも昔ながらの街並みが残る美観地区は人気が高い観光スポット

美観地区にはランチからスイーツまで楽しめる名店も多くあり、筆者も訪れた際は入るお店に迷ってしまうほど。その中でも人気の「Boulangerie mugi(ブーランジェリームギ)」のパンは絶品だ。天然酵母を使用したパンは健康的でネット販売でも人気となっている。ネット販売での好調ぶりに加え、焼きたてのパンを求めてお店まで足を運ぶ人も多い。「ライ麦 いちじくくるみパン」(292円)は、少し硬めでコーヒーやカフェラテなどと相性がよい。

・Boulangerie mugi
住所:〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2-25-40
電話:086-427-6388

■「tabiwa by WESTER」はJRだけではなく、船にも乗れる

No image

国際両備フェリーの船内は清潔感が高く快適な旅をサポート

JRが販売しているフリーきっぷは鉄道だけでない。「岡山香川ワイドパス」ではフェリーの利用も可能だ。新岡山港から小豆島経由で高松港へと瀬戸内海を船で移動することもできる。

No image

多くの島々がある瀬戸内海。船内からは多くの島を鑑賞できる

No image

フェリーなど一部交通機関は窓口などで乗船券と引き換える必要がある(写真提供:国際両備フェリー)

特に新岡山港と小豆島の土庄(とのしょう)港を結ぶフェリーはデッキに滑り台やブランコもあり、子どもも楽しめる。船内もきれいで快適な船旅となるのでおすすめだ。

No image

船内には滑り台もあり、子どもがいる家族旅行でも楽しめる設計だ

No image

ゆったりとブランコに座りながら瀬戸内海と島観察が楽しめる

運行会社:国際両備フェリー株式会社
電話番号:086-274-1222

■「うどん」ではなく、いつもとは違う香川県のグルメ

No image

果物店が営業している「三びきの子ぶた」は香川県では人気のカフェだ

香川県といえば、讃岐うどんが有名だが、たまには違うグルメも食べたくなる。元々香川県は小麦が栽培され、小麦粉文化が盛んで、人気のパン店も多い。

No image

店内には果物やフルーツを使ったケーキやフルーツサンドが楽しめる

瀬戸内海は温暖な地中海気候で果物の栽培も盛んなので「パン×果物」を存分に楽しめるのが、高松では有名な「三びきの子ぶた」だ。果物店が営業するカフェで、新鮮な果物が食べられると人気。

フルーツサンドにコーヒーはフルーツの甘さを感じながら、コーヒーのほろ苦さもマッチするので相性もいい。筆者も高松へ訪れた際は頻繁に訪れるお店だ。フルーツサンドは季節により内容が変わるので、訪れる度にどんなフルーツサンドが食べられるのか楽しみになる。

・三びきの子ぶた
住所:香川県高松市常磐町1-4-9
電話:087-861-5353

■フリーパスでのんびり鉄道旅を楽しんでみる

No image

香川と岡山の行き来は瀬戸大橋もあり、両県が見えるほど近い

香川県と岡山県は意外と近いけど、両方の県を旅行するのは難しいと思ったりもする。しかし、瀬戸大橋を利用すれば15分ほどで海を渡れるので、両県の旅行の際はぜひ利用してほしいフリーきっぷと言える。

今回はご当地パンの食べ比べだったが、うどん食べ比べ、名所や観光巡り、パワースポット巡礼などに利用することで、「tabiwa by WESTER」を活用した旅の可能性が広がるはずだ。

※この記事の情報は2022年11月現在のものです。内容が変更される場合もありますので、お出かけ前に最新の情報をお調べください。

テレビ朝日『旅サラダ』神田正輝も絶賛したジンギスカンに「全国優勝」焼きそばも! 地元在住ライターが実食して選んだ岡山県・蒜山「地元グルメ」5選

西野 くに

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加