阪神Womenの水流麻夏が始球式「本当に夢のような世界」

阪神Womenの水流麻夏が始球式「本当に夢のような世界」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

阪神対巨人 始球式を務めるタイガースWomen水流(撮影・前田充)

<阪神7-1巨人>◇7日◇甲子園

女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガースWomen(ウィメン)」の水流麻夏(つる・あさか)投手(21)が始球式を行った。

左腕から真ん中高めへストライク。「すごく緊張していて、テレビで見る世界だったので、甲子園というのが。その中で私が立てたというのは、本当に夢のような世界で、一瞬だったんですけど、充実していました。まさかあんないいところにいくとは」と笑顔で振り返った。

自己最速は115キロ。地元兵庫県出身で昨年女子プロ野球埼玉アストライアで最多勝(9勝)や最多奪三振(38個)、最優秀防御率(1・22)と大活躍。侍ジャパンとして今年の女子野球W杯にも名前を連ねている伸び盛りの左腕だ。今年は「阪神タイガースWomen」の一員としてプレーし、女子野球発展に貢献していく。

前日6日からの巨人3連戦は「阪神タイガースWomenデビューシリーズ」として開催され、Womenの投手による始球式や日替わりの意気込みインタビューなどを連日実施。試合中は、Womenの選手がリリーフカーの運転やボールガールも務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加