【天皇賞・春】(4)シロニイ タフな馬場歓迎、池江師「いい状態で臨める」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/02

シロニイは坂路を駆け上がってフットワークを確かめた。「気持ちが乗っていましたし、行きっぷりが良かったですね。いい状態で臨めると思います」と池江師。ダートで勝ち上がってきただけに、馬場は少しでもタフになった方がいい。土曜のひと雨は歓迎か。好位からしぶとく立ち回る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加