インドのiPhone12シリーズ購入者、高額な税金を払う必要あり

インドのiPhone12シリーズ購入者、高額な税金を払う必要あり

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/10/18
No image

インドの消費者は新しいiPhone12シリーズを購入する場合、高額な税金を支払う必要があることがわかりました。

22%の関税+18%の物品サービス税

インドメディアBusiness Todayによると、iPhone12シリーズはインドで組み立てられていないため、海外から輸入されることになります。インドでは輸入品に対し、22%の関税がかかります。

さらに物品サービス税(GST:Goods and Services Tax。日本の消費税のようなもの)が18%かかるので、たとえば税抜価格119,900ルピー(約172,000円)のiPhone12 Proの場合、インドの消費者は税金だけでも36,216.98ルピー(約51,973円)も支払わなければなりません。

No image

インドのiPhone販売価格は高い

米メディアApple Terminalは、税金のことを差し引いても、インドでのiPhone販売価格は米国などに比べて高いと指摘します。

インドでは「最大小売価格(MRP:Maximum Retail Price)」というものが存在し、iPhone12については約79,900ルピー(約115,000円)に設定されていますが(つまりすべてのiPhone12モデルにストレージ容量を問わずこの値段がついている)、日本におけるiPhone12の価格は、256GBモデルでも101,800円です。

AppleサプライヤーのFoxconn、WistronはインドにおけるiPhoneの生産台数を増やしています。しかしiPhone12はインドで生産されていないため、同国内の消費者が最新のiPhone12シリーズを手に入れるには、高額な税金を払うしかないようです。

Source:Business TodayviaApple Terminal
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加