新型コロナ421人感染 病床使用率が2か月半ぶりに30%下回る 青森県

新型コロナ421人感染 病床使用率が2か月半ぶりに30%下回る 青森県

  • ATV NEWS
  • 更新日:2022/09/23

青森県は23日、新たに421人の新型コロナウイルス感染を発表しました。コロナ専用病床の使用率は7月12日以来、およそ2か月半ぶりに30%を下回りました。

居住地別の感染者は、青森市136人、弘前保健所管内93人、上十三保健所管内51人などで、県全体では421人です。この中には、ネットで申し込んで自宅に届いた検査キットで行う臨時Web検査で判明した126人も含まれています。
現在、入院している人は156人、重症は3人、中等症は29人となっています。
一般病床に入院している感染者を除いたコロナ専用病床の使用率は28.1%で、7月12日以来、約2か月半ぶりに30%を下回りました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加