ビル放火殺人  容疑者が事件前日にポリタンク隠す

ビル放火殺人 容疑者が事件前日にポリタンク隠す

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15
No image

動画を見る(元記事へ)

大阪のビルで25人が犠牲になった放火殺人事件で、容疑者の男が事件前日の夜、ガソリン入りのポリタンクを自転車で運び、現場近くのロッカーに隠していたことが分かりました。

死亡した谷本盛雄容疑者(61)は事件当日、ガソリン入りのポリタンクを自転車で運んだとされていますが、事件前日の夜にも別のポリタンクを運び、現場から500メートルほど離れたコインロッカーに隠していたことが新たに分かりました。

大阪市内にある防犯カメラには、事件前日の午後9時前、谷本容疑者とみられる人物が、自転車の前かごに荷物を積み現場方向へ向かう様子が残っていました。

およそ1時間後には、逆方向に走る姿も映っていましたが、前かごの荷物はなくなっています。

警察は、谷本容疑者が周到に準備して、犯行に及んだとみています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加