降格危機のバレンシア、ハビ・グラシア監督を解任...残り4試合はボロ氏が暫定指揮

降格危機のバレンシア、ハビ・グラシア監督を解任...残り4試合はボロ氏が暫定指揮

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/05/04
No image

バレンシアがハビ・グラシア監督を解任 [写真]=Getty Images

バレンシアは3日、ハビ・グラシア監督の解任を発表した。今シーズンの残り4試合は、“ボロ”の愛称を持つサルバドール・ゴンサレス・マルコ氏が暫定的に指揮をとる。

バレンシアは現在リーグ戦6試合未勝利(3分3敗)で14位につけており、降格圏18位のウエスカとの勝ち点差はわずか6ポイント。今シーズン残り4試合では、17位バジャドリード、18位ウエスカ、最下位エイバルとの残留争い直接対決が控えている。

現在51歳のグラシア氏は昨年夏にバレンシアの監督に就任した。だが、同夏には主将のスペイン代表MFダニエル・パレホなど主力が続々と退団し、今シーズンはここまでリーグ戦34試合で8勝12分14敗と低迷。スペイン紙『アス』によると、グラシア氏は今シーズン序盤の昨年10月に補強をめぐる意見の相違から辞任を申し出たようだが、クラブはそれを認めなかったという。

現在57歳のボロ氏はこれまで何度もバレンシアで暫定監督を務めており、これで通算6度目の就任。最近では2020年6月〜7月に指揮をとり、6試合で2勝1分3敗の成績を残していた。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加