草津線“忍者列車”で御朱印ならぬ“御SHINOBI印”巡り

草津線“忍者列車”で御朱印ならぬ“御SHINOBI印”巡り

  • EntamePlex
  • 更新日:2021/02/22
No image

滋賀県と草津線沿線6市町で構成する「滋賀県草津線複線化促進期成同盟会」は2月27日(土)より、SHINOBI-TRAIN「草津線沿線限定 御SHINOBI印(草津線版御朱印)巡りの旅」を開始する。

本キャンペーンでは、草津線沿線の観光スポット等にて、オリジナルの「御朱印」ならぬ「御SHINOBI印」を配布する。さらに、6種類の「御SHINOBI印」を全てコレクションした方には、先着でオリジナル「御SHINOBI帳」(先着順・300冊限定(予定))をゲットできる。

No image

本キャンペーンの開催地を走るJR草津線では、2017年2月から忍者をモチーフとしたデザインのラッピング列車“SHINOBI-TRAIN”が運行しており、当初は2017年9月末までの運行予定だったが、多くの地元の皆様や鉄道ファン・忍者ファンの皆様に楽しんでいただいていることから、2021年6月末まで運行期間を延長。

No image

黒、紫、金色などを基調とした外装だけでなく、内装にも様々なポーズの忍(NINJA)が登場している。SHINOBI-TRAINの運行情報は非公開のため、出会えたらラッキー。目撃情報等については、TwitterやInstagramで「#SHINOBITRAIN」を付けて共有されている。見つけた方はぜひ投稿を。そして、草津線沿線にお越しの際は、ぜひ“SHINOBI-TRAIN”も探してみてはいかが。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加