「日本戦は別大会」“崖っぷち”コスタリカ 国民は大応援モード

「日本戦は別大会」“崖っぷち”コスタリカ 国民は大応援モード

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/26
No image

動画を見る(元記事へ)

コスタリカは初戦は7対0でスペインに大敗しましたが、日本戦に向けて現地のムードを教えてください。コスタリカで取材を続ける力石大輔記者から報告です。

(力石大輔記者報告)
さすがにコスタリカの皆さんもサッカー好きとはいえ、試合の後は意気消沈されていました。

ただ、切り替えも早いんです。

監督、主力メンバーもコメントを発表していますが、「日本との試合は違うワールドカップだと思って臨みます」と意気込み十分なんです。

ファンの方に話を聞いても、「もう切り替えました」「今回の日本勢は土壇場ですから必ず私たちが勝つよ」と、そんな話をされているんです。

予想スコアを聞いても、「2対1、コスタリカが勝つんじゃないか」「日本が負けるんじゃないか」と、そんな話もするファンがいました。

「7点取られてるのに何でこんな話をするんですか」ということですが、実は北中米カリブ海予選というのは出場枠が少なくて厳しい予選だと言われているんです。

そこをなんとか彼らは勝ち上がってきた。

そして1発勝負のプレーオフで勝負強さを見せたと、それが自信の源になってるそうなんです。

その際コスタリカの代表が、モットーとしてユニホームにも書かれているのが、「最後の1分まで全力で戦う」と、これを国民も代表チームも皆が信じて戦ったのが今のワールドカップに出られてる現状なんだと。

この言葉をもう1回思い出して日本戦に臨もうじゃないかと。

元々は実力のあるチームのため、これから調子も上がってくると思います。

日本戦、一筋縄ではいきそうにありません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加