撮影用ベンチも イルミネーション始まる レインボーカラーで華やかに

撮影用ベンチも イルミネーション始まる レインボーカラーで華やかに

  • 丹波新聞
  • 更新日:2022/11/25
No image

華やかに飾られたイルミネーション=兵庫県丹波篠山市矢代で

クリスマスまで1カ月に迫り、兵庫県丹波篠山市矢代にあるレジャー施設「ユニトピアささやま」で、約1万5000球のLEDを使ったクリスマスイルミネーションが始まった。今年は、子ども向けにレインボーカラーのLEDを多用し、庭や玄関などを華やかに彩っている。12月25日まで。

矢代湖と宿泊棟の間の広場には、高さ約7メートルのツリー型のイルミネーション2基と、ソリに乗ってサンタクロースがやってくる物語を表現したイルミネーションを施している。記念撮影用にと、ハートマークの電飾を施したベンチも置いている。

レストラン外側の庭には、ガーデンシクラメンやクリスマスローズなどを植えた花壇に、ラッパを吹く天使のイルミネーションを飾っている。

屋外施設・植栽リーダーの辻政司さんは「撮影スポットがたくさんありますので、ぜひお越しください」と呼び掛けている。

点灯は午後5―10時。入場料(大人300円、子ども200円)は午後5時から無料になる。

丹波新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加