武南が逆転サヨナラ負け、捨て身の「負けてもいい」魂で食らいつく/埼玉

武南が逆転サヨナラ負け、捨て身の「負けてもいい」魂で食らいつく/埼玉

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

武南対昌平 9回裏昌平1死二、三塁 川田のスクイズで、ヘッドスライディングで同点の生還する吉野(撮影・浅見桂子)

<高校野球埼玉大会:昌平8-7武南>◇22日◇5回戦◇レジデンシャルスタジアム大宮

武南は捨て身の「負けてもいい」魂で昌平に食らいついた。12安打を放って7点を奪ったが、逆転サヨナラ負けを喫した。新井功監督は「まさか、ああいう形で終わるとは。2年生が中心のチームで、幼いところがあった。勝ち進むごとにリームがまとまって、強くなる感じがしました」と振り返った。

初回、昌平のプロ注目スラッガー吉野創士外野手(3年)に先制の2ランを浴びたが、全く焦りはなかった。「どうせ負けるなら、勝負」という思いは、全員で共有していた。

2-4で迎えた5回1死二、三塁で阪本友紀斗主将(3年)が適時右越え三塁打を放ち同点に追いついた。何度もガッツポーズを決めて喜んだ。「緊張はしなくて、楽しくできました。昌平を相手にここまでやれて、悔いはありません」ときっぱり。「後輩には、ありがとうと伝えたいです」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加