「突占」沢村一樹×水野美紀×みちょぱ 「占いは使いよう」でも「占い通りになってたまるか」の心意気

「突占」沢村一樹×水野美紀×みちょぱ 「占いは使いよう」でも「占い通りになってたまるか」の心意気

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/04/07
No image

(左から)沢村一樹(さわむら・いっき):1967年7月10日生まれ。俳優。鹿児島県出身/水野美紀(みずの・みき):1974年6月28日生まれ。俳優。三重県出身/みちょぱ[池田美優(いけだ・みゆう)]:1998年10月30日生まれ。モデル・タレント(撮影/今村拓馬)

人気占い番組「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に出演する3人が、AERA 2021年4月12日号で、番組を通じて変わってきた占いに対する考え方や理解の仕方を語った。

【ゲッターズ飯田さん、星ひとみさんなど、人気占い師たちの印象に残った言葉はこちら】

*  *  *

──フォーチュンウォッチャーとして番組に出演して、占いに対する考え方は変わりましたか。

沢村一樹:僕は元々占いは好きで。いいことを言われると、持ってるパワーが大きくなる気がするんです。人から見たら欠点でも自分は気に入っているところを「いい」と言ってもらえたら、ボンッてパワーアップしてエネルギーになるような。占いは人を勇気付けるし、行動まで導くパワーがすごい。それが視聴者の皆さんに伝わるといいなと。

水野美紀:面白いとは思っていましたが、重要視はしていなかったです。話のネタとして楽しむぐらいでした。番組開始時も演出家から「僕も占い全てを信じている訳ではないので、見た感想を率直に言ってください」と言われて、少し斜めから見るところから始まったんです。占い師さんによって占い方は違い、名前の画数や生年月日など情報を総合して占うのですが、運気が上がるとき下がるときはあって、そこで人生の転機になることが起きるんだと感じています。

■自分のモヤモヤを言葉にしてもらえて安心しました(水野)

みちょぱ:私は17歳で本を出版した時、ゲッターズ(飯田)さんに占ってもらったんです。でも、言われたことを一切覚えてなくて(笑)。興味はあるけど、自分に必要ないものは自然に抜けちゃう。だから、自分自身に占いはそんなに必要ないのかな。でも、人が占われているのを見るのは楽しいです。こういう人生送ってきたんだな、って。

水野:みんないろいろなドラマを持って生きているんだ、と思うよね。それに、同じ情報から導き出しても、説明の仕方が占い師さんによって違う。私は特に(木下)レオンさんの突撃シリーズが好きです。

みちょぱ:占いを超える感じがありますよね。人柄というか、「愛」というか。普通の占い師だったら言葉だけで言うけど、行動まで示したりするし。

水野:「いますぐ電話して」とかね。レオンさんは家族とか絆を強くテーマにしている感じがするし、ゲッターズさんは客観的にデータを冷静に伝えていく感じ。星(ひとみ)さんは、占った結果から感じたことの情報を整理して大切なところを伝えていますよね。

沢村:占われる側も、本当にいろいろな人がいる。運気に逆らわずに生きている人もいれば、逆らい続ける人もいるよね。占いで何か言われても、「この通りにはやらないだろうな」って人もいっぱいいた(笑)。

■占い通りになってたまるか!って気持ちがあります(みちょぱ)

水野:傍から見ると、言われたこと聞いたほうが良さそうと思うけど、言われている本人には響き方が違うんでしょうね。自分のこととなると、わからないですよね。

沢村:うん、わからない。僕も占ってもらったとき、自分が思っていたのと全然違うことを言われて。でも、カミさんは隣ですごいうなずいているの。「え」ってショックだったけど、他の人の視点を叩きつけられたな。

水野:私は家族のことを占ってもらったんですけど、夫のことでモヤモヤしていたのを星さんが言葉にしてくださったのを聞いて、「やっぱりそうなんだ」って思えて、ちょっと安心しました。自分のことはあまり覚えてないです。去年の12月に大きな変化があると言われて、ドキドキして過ごしたんだけど。

沢村:あった?

水野:なかったけど、思いもよらない仕事が一つ入りました。

沢村:それじゃない?(笑)

──みちょぱさんは、番組内でお母様が星さんに占ってもらっていました。

みちょぱ:二人とも気づかされることがめちゃくちゃあって。星さんは占いで過去も見るんですが、知らなかったことも星さん経由で伝えられて。普段なら恥ずかしくて言えないことを言ってくれるから、二人で号泣しちゃいました。ママは未来について、「何月に何があるって言ってた」って楽しみにしていましたね。いい方に向かおうと頑張ったり、ワクワクしたりするのはいいことだと思うから、「占ってもらってよかったね」って。占いって悪いことあるのかな?

■失敗があるから今があるってこともあるよね(沢村)

沢村:妄信しちゃうと良くないよね。ハサミや包丁と一緒で、使い方を間違えると大変なことになるけど、ちゃんと使えばいいことしかないと思う。

みちょぱ:いい言葉!

──生まれた星で運命が決まる、という考えは、どう思いますか。

みちょぱ:思い出した! ゲッターズさんに占ってもらったとき、私は「離婚する」って言われたんです。いま結婚願望あるし、離婚もバッチコイで超えられそうな気もする。「占い通りになってたまるか」っていう気持ちがあります。

水野:結婚もしてないのに、「離婚する」って言うのやめてほしいね(笑)。

──レオンさんは、自分の占いで「離婚する」と出たけど結婚して、離婚したそうです。

みちょぱ:やっぱり愛が強いんじゃない? レオンさんは。

沢村:超えられると思ったのかな。占いで「失敗する」って出たら、なるべく回避したいけど、でも経験することで次のステージに行けることもある。失敗は全部が悪いんじゃなくて、そのときは失敗だったけど、振り返ったら「あの経験があるから今がある」ってこともあるよね。

水野:人の気持ちはナマものじゃないですか。その時々の選択の積み重ねで今に至っているし、この先もどんな選択をするかで未来は変わっていく。運気の上がり下がりはあっても、どういう運命をたどるかは決まっているわけではないと思います。

沢村:コロナ禍で、不安を抱えている人は多いと思うんです。先のこともできるなら知っておきたいという意識とマッチしているんだと思う。僕は、こういうときこそ一歩踏み出すチャンスだと思うし、もし占いがその助けになるならいいよね。

※AERA 2021年4月12日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加