選手権予選中国・四国地区からは米子北、岡山学芸館などが全国へ

選手権予選中国・四国地区からは米子北、岡山学芸館などが全国へ

  • 高校サッカードットコム
  • 更新日:2021/11/25
No image

第100回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕する。

鳥取大会は令和3年度全国高校サッカーインターハイ(総体)全国準優勝の米子北が12連覇を達成し今年度も冬の全国にやってくる。島根予選は大社がライバル・立正大淞南を下し2年連続で全国切符を手にした。広島予選は瀬戸内が制し全国へ。山口予選は高川学園が19年ぶりの決勝進出となった宇部工を3-0で破り全国大会出場を決めた。岡山予選は岡山学芸館作陽をPK戦の末に下している。

香川大会は高松商が制覇。愛媛大会は今治東中等教育学校が初優勝を狙った帝京第五を3-0で下し全国切符を手にした。徳島予選は徳島商が大会4連覇を狙った徳島市立を4-1で下し11年ぶり40回目の全国大会出場を決めた。高知は高知が明徳義塾を3-2で下し全国切符を手にしている。

▽中国・四国
鳥取県予選米子北(12年連続17回目)
島根県予選大社(2年連続11回目)
広島県予選瀬戸内(3年ぶり2回目)
山口県予選高川学園(3年連続27回目)
岡山県予選岡山学芸館(2年ぶり4回目)
香川県予選高松商(4年ぶり24回目)
愛媛県予選今治東中等教育学校(2年ぶり2回目)
徳島県予選徳島商(11年ぶり40回目)
高知県予選高知(2年ぶり17回目)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加