馬場咲希が憧れの藍さんに直質問「すごく話を聞きたかった」/国内女子

馬場咲希が憧れの藍さんに直質問「すごく話を聞きたかった」/国内女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

『宮里藍インビテーショナル Supported by SUNTORY』に出場する馬場咲希(右)と宮里藍さん=茨城・PGM石岡GC

女子ゴルフで元世界ランキング1位の宮里藍さん(37)が主催する「第3回 宮里藍インビテーショナル Supported by SUNTORY」は24日から2日間、茨城・PGM石岡GCで行われる。女子ゴルフで8月の「全米女子アマ選手権」を日本勢として37年ぶりに制した馬場咲希(17)=東京・代々木高2年=も出場。23日は会場で練習ラウンドと宮里さんによるレッスン会が行われ、質問を求められると馬場自ら「体重の維持の仕方を教えてください」と挙手して質問する場面があった。

試合が続くと体重が落ちることが課題だった馬場。「ジュニアの憧れ」という存在に、「(宮里さんに聞けるのは)なかなかない機会。ずっと聞こうと思っていました」と決意を固めていた。多くの報道陣を前に堂々と質問すると、宮里さんからは「1度に食べなくても細めに食べること。1ラウンドで脳の働きも含めて2000キロカロリー消費すると言われているので、結構食べないといけない。枯渇していない状況で、意識的に食べること」などと具体的なアドバイスが送られ、「すごく話を聞きたかった。勉強になることが多い。聞いたことを実践したい」と笑顔を見せた。

今大会の上位5人には、「宮里藍 サントリーレディスオープン」の主催者推薦選考会の出場権、そして優勝者には宮里さんと後日ラウンドできる権利が付与される。この日は、「優勝おめでとう」と快挙への祝福も受けた17歳。「すごくラウンドしたい」。夢いっぱいの目を輝かせて、優勝を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加