[辰(たつ)年]1/13~2/11の運勢 何事も慎重に。新しい学びで開運を

[辰(たつ)年]1/13~2/11の運勢 何事も慎重に。新しい学びで開運を

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/01/12

辰(たつ)年

1月13日(水)~2月11日(木)の運勢

No image

運気は黄色信号といったところです。

何事も用心深く、慎重に一歩ずつ進めることが必要な時期にあるようです。

特に用心したいのは、仕事面。出る杭となれば、たちまち打たれる可能性大。

新しい学びや、これまでと違う挑戦が開運につながるときではありますが、できるだけ目立たないよう、粛々と進めることが肝要です。

また、職場のうるさがたやクレーマーなどに煩わされやすいとき。事を荒立てると運気の上昇を妨げます。上手に取りなして、穏便に済ませることが大切です。

そうした面倒がある反面、人脈づくりには実りがある模様。勉強会など、サークル活動に良い縁がありそう。オンラインでの参加が可能なものを探してみましょう。

恋のお相手との縁も期待できるとき。フリーの人は、積極的に出会いを求めて吉。

この時期は、誰かひとりに決めるというより、多くの人と出会い、さまざまな価値観に触れることを重視しましょう。

健康面で注意したいのは、中性脂肪と睡眠不足。

この時期、相性がいいのは、子(ねずみ)、申(さる)、酉(とり)年。

距離を置いたほうがいいのは、卯(うさぎ)、辰(たつ)、戌(いぬ)年の人。

吉方位は、北と西。避けたほうがいいのは、南と東。

※次回更新日は2月9日(火)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

辰(たつ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

中国清朝の皇帝のパワーを象徴する「五帝銭」と呼ばれる吉祥物があなたを守ってくれます。

五帝とは、第一代の順治帝、第二代の康煕帝、第三代の雍正帝、第四代の乾隆帝、第五代の嘉慶帝のこと。

権威ある5人の名が刻まれた古銭には、皇帝たちの“帝運”が宿るとされ、そのレプリカを繋げた飾り物が招財や厄よけのお守りとして使われています。

日本でも風水ショップなどで手に入るので、この機会に取り寄せてください。

すでに手に入れている人は、塩水で洗って、よく乾かしてから再登場願いましょう。

バッグのチャームにしたり、車内に吊るしたり、オフィスのデスクに飾るなどして活用を。

開運を阻む面倒な出来事からあなたを守り、前進するチカラを授けてくれることでしょう。

この時期のラッキーカラーは、黒と白。避けたほうがいいのは、赤と緑色。

※次回更新日は2月9日(火)

辰(たつ)年・基本性格

向上心が旺盛で、高く掲げた目標に果敢に挑んでいく勇者です。

常に前向きで、言動はポジティブ。過去を振り返って立ち止まったり、くよくよ悩んだりすることは少ないことでしょう。

フットワークが軽く、興味を持ったことには即行で着手。性に合わないと感じたなら、すぐに見切りをつける一方、“これこそは!”とひらめいた事柄には、強い意志をもって突き詰め、その道を極めていく人です。

また、聡明で時機を読む力があり、財テクでひと財産築くポテンシャルを秘めています。

気っ風がよく、女性であっても、どこか“男前”。面倒見がよく、年下から慕われることが多いでしょう。

親孝行でもあり、日頃から何かと家族のことを気にかけていているのでは。そんなあなたの存在は一家の心の支えとなっているはず。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加