裸足で過ごすのは健康にいい!? その効果について専門家に話を伺いました

裸足で過ごすのは健康にいい!? その効果について専門家に話を伺いました

  • 美人百花.com
  • 更新日:2021/10/14

最近「アーシング」と言って裸足で過ごす健康法が注目されているのだそう。

どうして裸足が体によいのか、どんないいことが起こるのか、学校法人近畿医療学園「近畿医療専門学校」理事長、 株式会社KMC小林整骨院グループ総院長・小林英健さんに詳しく話を伺いました。

裸足で過ごすことによる健康効果を教えてください。

裸足で過ごすことで姿勢を良くしていくことができるという効果が期待できます。

みなさんが立っている時に地面に唯一接しているのが足裏となります。裸足になることで、足裏の筋肉が正しく使えるようになります。

すると、姿勢の良い立ち方になり、偏平足、外反母趾、O脚、膝の痛み、太もも太り、骨盤のゆがみ、下腹の部分太り、ビール腹、腰痛、猫背、巻き肩、ストレートネック、スマホ首、肩こり、頚凝り、頭痛などの様々な症状に対して有効的にアプローチをかけることが可能となります。

また、足裏には多くの毛細血管があるため、裸足で歩くことで血管を圧迫することなく運動効果を出すことが可能です。すると、血流改善につながり、冷え性改善や、体温を上げる、代謝の促進、体内の老廃物排出、疲労回復といったさまざまな美容効果を発揮してくれます。

さらに足裏には多くのツボが点在しています。裸足であるくことでツボ刺激による内臓にたいするアプローチもできるのが手間いらずの健康法として優れている点だと考えています。

最近では“アーシング”といって裸足で過ごすことでリラックス効果やデトックス効果を注目もされていますので、裸足で過ごすことで健康になる効果は大きいです。

裸足で過ごすことが健康に良いとされるメカニズムを教えてください。

健康効果のところで触れた裸足により姿勢を良くする効果のメカニズムからお話しさせていただくと、キレイに立つためには足裏の3つのポイントで立つと良いといわれています。

まず一点目が母指球といわれる親指周辺。二点目が小指球といわれる小指周辺、そして三点目が踵(かかと)です。この三点で地面に立つことにより安定して立つことができ重心が安定して足より上の筋肉に負担をかけることなく立つことが可能です。カメラの三脚をイメージしてもらえるとわかりやすいのではないかと思います。

現代人は運動不足により、足裏の筋力が低下して多くの方が小指周辺とかかとの二点のみで支えて立つクセが習慣化されています。そのため、全身の筋肉に歪みが生じて負担がかかる歩き方になっています。

この立ち方を改善するためには足の指の筋肉を均等に使えるようになる必要があります。そのためには裸足で地面を踏む際、足の指を接地させて地面を掴むように意識をすることで足裏の筋肉が活発に使えるようになり、三点で安定して立つことができるようになります。

立ち方が安定すると筋肉や関節への負担が減るため、偏平足やO脚、外反母趾、骨盤の歪み、猫背や腰痛、肩こりなどの健康効果で挙げさせてもらった様々な症状に対しての効果改善が期待できます。

血流改善に関しては、裸足で歩くことで足にある筋肉が使われて、血液を心臓に押し上げる、血管のポンプ作用を促進することで、血液を身体中にめぐらせて、冷え性改善や、代謝の促進につながります。

裸足で家で過ごすのが良いのか、裸足で地面を歩くのが良いのか、最も効果的な方法を教えてください。

地面を歩くことで足裏を刺激することが理想ではありますが、外で安全に歩けるような環境がある方は現代では少ないのではないかと思います。そこで自宅で簡単にできるタオルギャザーといわれるトレーニングを紹介します。

やり方

(1)椅子に座り、足元にバスタオルを床に敷いていただき、中央くらいに足を置きます。

(2)足指でタオルを掴むように手繰り寄せます。

これを1日3回行っていただくだけです。両足でつかむ動作が難しいなら片足ずつでも構いません。簡単すぎるようであればタオルの先に重りをつけてやることをおすすめしています。

また筋力トレーニングや、ヨガやピラティスなどをご自宅ですでに行っている方に関してはそのまま裸足で行い、足の指で床を掴むように意識していただくだけで十分効果を発揮します。

もし裸足で安全に歩ける環境がある方は日常的に裸足で地面を踏みしめてさまざまな刺激や触感を与えることで裸足で過ごす健康的な効果を最大限に感じていただくことができます。

まずはご自身の環境の中でできる。裸足で過ごせる場所で始めていただくことが重要です。

その他、なにかアドバイスがあれば教えてください。

立ち方や筋肉の使い方ひとつ意識するだけで劇的に症状改善やパフォーマンス向上がみられます。裸足で過ごすことでこれまで履物を履いていたため、気づけなかった自分の問題点を発見する機会になってもらえればと考えています。

さらに良くなりたい。症状をしっかり治したいと考えていらっしゃる方は、専門家に1度相談しましょう。

1人1人、体が歪んでいる場所は違います。どこが歪んでいるのか、どう意識したらいいのかお伝えできるのが我々専門家としての強みです。みなさんもまずは裸足で過ごすことから始めていただいてご自身の健康促進にお努めください。

教えてくれたのは

学校法人近畿医療学園「近畿医療専門学校」理事長、 株式会社KMC小林整骨院グループ総院長 小林英健さん

株式会社KMC小林整骨院グループは、「小林整骨院(現:あすなろ整骨院北本町)」を1985年11月に大阪府八尾市で開業。現在では全国に42店舗展開し、全グループ院の延べ来院患者数は1300万人を超え。「スポーツ活法」というトップアスリートの心身ともにサポートするための新療法を実施。KMC小林整骨院グループ オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加