コウチーニョ放出のバルセロナは「ネイマールのお金を燃やした」地元メディアが振り返る

コウチーニョ放出のバルセロナは「ネイマールのお金を燃やした」地元メディアが振り返る

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/05/14
No image

【写真:Getty Images】

プレミアリーグのアストン・ヴィラは12日、バルセロナからMFフィリペ・コウチーニョを完全移籍で獲得したことを発表した。スペイン地元メディアは、改めてバルセロナの商売下手を指摘している。

コウチーニョは2018年1月、リバプールからバルセロナへ移籍。その際の移籍金は1億4200万ポンド(約223億円)にのぼると言われている。しかし、今回の移籍でバルセロナが受け取る移籍金は1700万ポンド(約20億円)。完全な失敗と言わざるを得ない。

地元メディア『スポルト』は、「バルセロナはネイマールをパリ・サンジェルマンに売ったお金を燃やした」と表現。「クラブが(ネイマール放出で)2億2200万ユーロ(約300億円)を持っていることはヨーロッパ全体が分かっていた。その中で急いでウスマン・デンベレを獲得。それでは不十分と言わんばかりに、冬の市場でコウチーニョを獲得した」と、当時を振り返った。

移籍当初は、まずまずのスタートを切った。22試合に出場して9ゴール7アシスト。シーズン途中の加入で適応に時間がかかるという理解もあった。それでも、クラブ史上最高額の補強に対してはSNS上で大きな期待が集まり、チームメートもテクニカルスタッフもクラブ幹部も、「もっとできる」という期待があったと記事は伝えている。

その圧力を背中に受けながら下り坂に突入したコウチーニョは、ブレーキが壊れたように転がり落ちた。カンプ・ノウの拍手がブーイングに変わり出すと、ますますコウチーニョのパフォーマンスは悪化。チャンピオンズリーグ準々決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦ではゴールを決めたが、そのときのジェスチャーは「カンプ・ノウとコウチーニョの関係が完全に崩壊したことの象徴」と同紙。スタンドの方へ行って耳を塞いだ行為は、バルセロナファンをさらに不快にさせている。

その後はバイエルン・ミュンヘンにレンタルされ、今季途中からはアストン・ヴィラへ移籍した。獲得した際の金額があまりに大きく、買い手は現れず、最終的には“損切り”の形でアストン・ヴィラに送り出している。

コウチーニョはアストン・ヴィラでここまで4ゴール3アシストを記録している。「夢の舞台」から離れたスターは、どんな活躍を見せるだろうか。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加