ファーウェイ、湾曲ディスプレイにバリエーション。口紅型完全ワイヤレスも

ファーウェイ、湾曲ディスプレイにバリエーション。口紅型完全ワイヤレスも

  • AV Watch
  • 更新日:2021/11/25
No image

「HUAWEI MateViewGT 34インチスタンダードエディション」

ファーウェイ・ジャパンは11月25日、発売中の湾曲ディスプレイ「HUAWEI MateViewGT」のバリエーションモデルとしてサウンドバー非搭載の27型モデル、34型モデルを追加する。27型は11月25日発売で、34型は12月3日発売。価格はどちらもオープンプライスで、店頭予想価格は27型が49,980円前後、34型が62,800円前後。リップスティック型の充電ケースを採用した完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Lipstick」も12月17日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は21,780円前後。

No image

リップスティック型ケースの完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Lipstick」

そのほか、スマートウォッチの新モデルとして、100種類以上のワークアウトに対応したHUAWEI WATCH GT3」2サイズ(42/46mm)4モデルや、ランニング用途を重視した「HUAWEI WATCH GT Runner」、長方形時計のデザインを採用した「HUAWEI WATCH FIT mini」も発表された。

HUAWEI MateViewGT 27インチスタンダードエディション/34インチスタンダードエディション

グッドデザイン賞2021も受賞した同社の湾曲ゲーミングディスプレイ「HUAWEI MateViewGT」のバリエーションモデル。MateView GTはスタンド部にステレオサウンドバーを内蔵し、スタンドRGBライティング機能も搭載していたが、スタンダードエディションでは、いずれも非搭載で、ヘッドフォン端子も搭載しない。

バリエーション追加に伴い、発売済みのサウンドバー搭載モデルは「34インチ サウンドエディション」として併売される。

No image

「HUAWEI MateViewGT 27インチスタンダードエディション」

27インチ スタンダード・エディションは、解像度2,560×1,440ドットのVA液晶パネルを採用した。パネル曲率は1,500Rでアスペクト比は16:9。最大表示色は約1,670万色(8ビットカラー)で、コントラスト比は4,000:1、最大輝度は350nits、応答速度は4ms。

No image

27インチスタンダードエディション 背面

映像入力はHDMI 2.0とDisplayPort 1.2が各1系統。電源入力専用のUSB 2.0 Type-Cポートも備える。100×100mmのVESAマウントも装備。

外形寸法は約613×546×224mm、重さは約7.8kg。65W USB-C ACアダプターやDisplayPortケーブルなどが付属する。

No image

「HUAWEI MateViewGT 34インチスタンダードエディション」

34インチ スタンダードエディションは、サウンドエディションと同じく解像度3,440×1,440ドットのVA液晶パネルを採用したモデル。パネル曲率やアスペクト比もサウンドエディションと同じ1,500R、21:9となっている。

最大表示色もサウンドエディションと同じ約10.7億色(10bitカラー)で、コントラスト比は4,000:1、最大輝度は350nits。

No image

34インチスタンダードエディション 背面

映像入力はHDMI 2.0とDisplayPort 1.2が各1系統で、電源入力専用のUSB 2.0 Type-Cポートも搭載。100×100mmのVESAマウントも備えた。

外形寸法は約800×542×220mmで、重さは約9.34kg。DisplayPortケーブル、135WのUSB-C ACアダプターなどが付属する。

HUAWEI FreeBuds Lipstick

No image

「鏡のように滑らか」という金属ケースを採用した完全ワイヤレスイヤフォン。イヤフォン本体は赤いデザインで、ケースに収納するとリップスティックのようなデザインになるのが特徴。

イヤフォンの性能などは、発売中の完全ワイヤレス「HUAWEI FreeBuds 4」と同じで、開放型デザインを採用。14.3mm径のダイナミックドライバーを搭載する。

低音を増強するパワーエンジンを備えており、振動板の振動を大きくすることでパワフルな重低音を生み出すほか、ユーザーの耳の形とイヤフォンの装着方法を検知し、音質パラメーターを自動調整するアダプティブ・イヤー・マッチングテクノロジーを利用できる。

No image

開放型ながら、フィードフォワードマイク、フィードバックマイクによるハイブリッドアクティブノイズキャンセリングも搭載。ノイズを最大25dB軽減できる。

同社製のスマートフォンやタブレット、PCとはポップアップで簡単にペアリングできるほか、任意のデバイス2台と同時接続もできる。イヤフォンはジェスチャーコントロールにも対応。

最大連続再生時間はANCオフ時、イヤフォン単体で4時間。充電ケース併用時は22時間。製品はほのかに香るギフトボックスに入っているという。

酒井隆文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加