JR東海、名古屋駅5・6番線ホームに可動柵 - 315系のドア位置も対応

JR東海、名古屋駅5・6番線ホームに可動柵 - 315系のドア位置も対応

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

JR東海は、新たに名古屋駅の5・6番線ホーム(東海道本線下り)に可動柵を設置すると発表した。6番線ホームは2023年7月、5番線ホームは2024年6月の使用開始をめざす。

JR東海、新型車両315系はロングシート - 車両・ホームの段差縮小も

今回設置を決めた可動柵はドア式で、東海道本線の快速・普通電車に使用する311系・313系・315系の4・6・8両編成のドア位置にいずれも対応できるように、最大4m強の開口幅を設ける。ドアに挟まれた人や開閉の支障となる物体、ドアのこじ開けなどを検知する安全機能も備える。

佐々木康弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加