2年間首にタイヤをかけていたヘラジカ救出 人間社会で危機にさらされる野生動物

2年間首にタイヤをかけていたヘラジカ救出 人間社会で危機にさらされる野生動物

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/10/14
No image

アメリカ・コロラド州デンバー南西に位置するパインの道路沿いで、少なくとも2年以上の間、車のタイヤを首にかけていたヘラジカが麻酔で捕獲され、角を切ってタイヤを外すことに成功した。『The Guardian』などの海外メディアが報じている。

【動画】体重270kgのヘラジカの角を切断する大手術

■2年間タイヤ付きで生活

コロラド州の野生動物保護局『コロラド・パークス・アンド・ワイルドライフ(CPW)』によると、このヘラジカは北米で「ワピチ」や「エルク」などとも呼ばれるアメリカアカシカの4歳半の個体で、体重はおよそ270kgにもなるという。

この個体が初めて目撃されたのは2019年で、少なくとも2年間にわたって、首に車用のタイヤをかけながら生活していたことになる。

関連記事:犬と散歩に出たまま帰らなかった女性 遺体の一部が熊の胃の中に…

■角が邪魔でタイヤが取れず

ヘラジカの首にかけられたタイヤを取り除くため、保護局のスタッフはこれまでに何度も捕獲を試みており、4回目にしてついに麻酔銃を用いた捕獲に成功。

しかし、タイヤを首にかけたまま過ごすうちに、角も成長して大きくなってしまったらしい。そのままではタイヤを引き抜くことができず、計5ヶ所の角を切断するという大掛かりな作業の様子が、CPWの公式ツイッターに動画で公開されている。

■野生動物がさらされる危機

救助にあたった保護局のスコット・マードックさんとドーソン・スワンソンさんによると、ヘラジカの首は2年間タイヤが付いていたにも関わらず、「硬貨大の擦り傷があったくらいで、大きな問題は見つからなかった」「あまりにも状態が良かったことに驚いた」とコメントしている。

今回、無事に救助されたヘラジカは幸運だった。

しかし保護局員によれば、ヘラジカやムース、クマなどの野生動物が、ブランコやハンモック、サッカーのゴールなどさまざまな道具に絡まっている姿が目撃されており、海洋ゴミなどと同様に、人の目に見えないところで野生動物を苦しめる原因となってしまっているようだ。

■ヘラジカ救助の様子

The saga of the bull elk with a tire around its neck is over. Thanks to the residents just south of Pine Junction on CR 126 for reporting its location, wildlife officers were able to free it of that tire Saturday.

Story: https://t.co/WHfkfPuAck

📸's courtesy of Pat Hemstreet pic.twitter.com/OcnceuZrpk
— CPW NE Region (@CPW_NE)
October 11, 2021
from Twitter

・合わせて読みたい→女装癖と性的嗜好丸出しの写真を見られ… 羞恥に耐えかねた父親が13歳息子を殺害

(文/しらべぇ編集部・びやじま

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加