ヤマハから完全ワイヤレスイヤホンのベーシック機 リスニングケアなど機能充実

ヤマハから完全ワイヤレスイヤホンのベーシック機 リスニングケアなど機能充実

  • OVO
  • 更新日:2022/11/25
No image

ヤマハは、完全ワイヤレスイヤホン「TW-E3C」を、11月25日に発売する。耳への負担を軽減する独自技術や便利に使える機能、カラーは6種(ベージュ/ラテ、ブラック、ネービーブルー、グレー、グリーン/ピスタチオ、レッド/ラズベリー)で、落ち着いた色調の仕上げが特徴となる。価格はオープン。店頭などでは、1万1,000円(税込)前後となる見込み。

ボディーはオーディオメーカーとしての技術、知見を駆使した構造と空気の流れの制御などによる最適化。クリアで広がりのあるダイナミックな再現を図っている。

専用のスマホアプリを用意。各種機能のオン/オフやバッテリー残量の確認のほか、音質調整のEQも備えていて、聴く音楽コンテンツに合わせて5種のプリセットモードから簡単に設定したり、自分の好みできめ細かくチューニングしたりできる。

No image

上位モデルを継承し独自技術リスニングケアを投入。小音量は低音が物足りなく感じたり、環境音で音楽が聴き取りにくくなって、過度に音量を上げて耳への負担が増えたりしないように、低音域と高音域を楽曲本来のバランスに保ちながら最適に補正。音量を上げ過ぎないで、自然で聴きやすい音に調整してくれる。

通話品質を高めるために、音声の集音には4基のマイクを使って正確にキャッチ。通話相手に周囲の雑音を伝えないように処理して、電話やテレビ会議でもクリアな音声を届けられるようになっている。2台の機器に同時に接続しておけるマルチポイント機能に対応しており、例えばタブレットで動画を楽しんでいるときにスマートホンへ着信があっても、手動で切り替えることなく、簡単に電話に出られる。

No image

ゲーミングモードにも対応していて、映像コンテンツやゲームの映像と音のズレを抑えた、ストレスのない再生が可能。外音取り込み機能があり、音楽を聴きながら駅の案内アナウンスなどを聞き逃さないようにできる。本体カラーに合わせたコンパクトな充電ケースが付属。本体で9時間、ケースと合わせて24時間の再生ができる。10分充電で約1時間再生の急速充電に対応。本体の重さは、約5g(片側)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加