Mobility Technologiesがタクシーアプリ「GO」を発表

Mobility Technologiesがタクシーアプリ「GO」を発表

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/07/30
No image

より「早く乗れる」体験を追求する新たなタクシーアプリ「GO」

Mobility Technologies(MoT)は7月29日、同社の運営するタクシーアプリ「Japan Taxi」と「MOV」の統合にともない、新しいタクシーアプリ「GO」を発表した。リリースは2020年9月を予定している。

GOはMOVをベースとしたアプリで、9月のリリース時点ではMOVの展開する7エリアに加え、Japan Taxi対応エリアの一部を加えた17エリア(東京/神奈川/埼玉/千葉/群馬/茨城/京都/大阪/兵庫/滋賀/愛知/奈良/宮城/三重/岐阜/広島/福岡)でのサービス開始を予定している。

リリース後は移動ニーズの増加する年末に向け、順次対応エリアと機能の拡充を行っていく予定だという。なお、Japan Taxiアプリのサービス提供はGOのリリース後も一定期間継続されるとのこと。

コロナ禍で全国のタクシー事業が大きく影響を受け、MoTの運営するJapan TaxiとMOVも配車注文数が減少する一方で、路上でタクシーを待つ手間や時間の削減・キャッシュレス対応といったアプリならではの安全・安心な体験が評価されており、アプリの活用自体はタクシー乗車の利用形態として定着しつつあるという。

MoTは本来、新アプリのリリースを2020年度後半に予定していたが、タクシー事業全体の回復を狙ってエリアや機能を絞った先行リリースに踏み切った形となる。

■関連サイト

ニュースリリース

Mobility Technologies

Japan Taxi

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加