巨人原監督、丸ら復帰組の起用は「具合によって」状態に配慮し休養も

巨人原監督、丸ら復帰組の起用は「具合によって」状態に配慮し休養も

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

広島空港に到着した巨人原監督(撮影・足立雅史)

巨人原辰徳監督(62)が、新型コロナウイルス感染からの復帰組の状態に最大限配慮する方針をあらためて示した。

1日の中日戦では復帰7試合目の丸が2打席連続で三振すると、3回で交代。退院後に2軍で入念に調整時間を与えていたが、原監督は「丸のバッティングじゃないんだから。やっぱりコロナの影響はありますよ」と再認識した様子だった。

緊急事態宣言の発令で中日戦が延期になった2日、チームは広島に移動。原監督は3日からの広島3連戦(マツダスタジアム)での丸の起用法について「明日は右投手だから出そうと思っているけど、明日の具合によっては」と、2戦目以降は状態などを総合的に判断して決断する考えを口にした。同じく復帰した若林、ウィーラー、中島とともに「少し休ませ、休ませ」と休養を取り入れながら整えさせ、コロナ禍の長いシーズンを乗り越えていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加