【JRA新馬戦】アドマイヤリードの半妹ベルクレスタなどがデビュー

【JRA新馬戦】アドマイヤリードの半妹ベルクレスタなどがデビュー

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/06/11
No image

半姉にアドマイヤリードがいる良血ベルクレスタ

12日(土)・13日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、10日確定した。

今週は札幌、東京、中京で計6鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

◆6/12(土)
・札幌5R(芝1000m・13頭)
ナバロン(牡、菱田裕二・杉山佳明、ブラックタイド)…順調に調整され仕上がりが良さそう。

・東京5R(芝1400m・18頭)
ハイアムズビーチ(牝、北村宏司・萩原清、ドレフォン)…母ユキチャンは2008年関東オークス(JpnII)など交流重賞を3勝。順調に乗り込まれて態勢は整っている。

ハギノモーリス(牡、藤懸貴志・高野友和、モーリス)…追い切りは栗東坂路でラスト1F11.9秒と鋭い動きを見せた。

ヨンセンハッセン(牝、内田博幸・深山雅史、リーチザクラウン)…全兄キョウヘイは2017年のシンザン記念(GIII)を勝っている。

ラズベリームース(牝、C.ルメール・林徹、ルーラーシップ)…セレクトセール1歳5,720万円で取引された。動きの良さが目立っていて期待できそう。

・中京5R(芝1600m・11頭)
セリフォス(牡、川田将雅・中内田充正、ダイワメジャー)…順調に乗り込まれていて気配の良さが目立っている。初戦から期待できそうだ。

トゥードジボン(牡、福永祐一・四位洋文、イスラボニータ)…セレクトセール1歳3,960万円。順調に調整され、追い切りでは馬なりで良い動きを見せた。

プレミアムスマイル(牝、西村淳也・池添学、ロードカナロア)…半姉ルージュバックは2017年のオールカマー(GII)など重賞4勝を挙げた。調教では軽快な動きを見せている。

ベルクレスタ(牝、松山弘平・須貝尚介、ドゥラメンテ)…半姉アドマイヤリードは2017年のヴィクトリアマイル(GI)を勝った。鋭い動きを見せていて期待できそうだ。

◆6/13(日)
・札幌5R(芝1200m・14頭)
グットディール(牡、吉田隼人・須貝尚介、ビッグアーサー)…セレクトセール当歳5,076万円。5/6の調教で栗東坂路4F49.9秒、札幌芝コースで行われた追い切りでも抜群の動きを見せた。スケール十分。

・東京5R(芝1800m・8頭)
アンビション(牡、岩田望来・大竹正博、ハービンジャー)…追い切りでは美浦南W併せ馬で大幅先着と良い動きを見せていて、初戦から期待できそうだ。

ヴァーンフリート(牡、川田将雅・手塚貴久、リオンディーズ)…追い切りは美浦南Wで3頭併せ馬の中から最先着と仕上がりが良さそう。

グランシエロ(牡、三浦皇成・武井亮、ハーツクライ)…セレクトセール1歳2,750万円。じっくりと乗り込まれ良い動きを見せている。

フィフティシェビー(牡、C.ルメール・藤沢和雄、Tapit)…母はBCディスタフなど米GI3勝。入念に乗り込まれ態勢は整っている。

・中京5R(芝1200m・9頭)
インプロバイザー(牡、松若風馬・音無秀孝、ダイワメジャー)…セレクトセール1歳3,630万円。母リトルゲルダは2014年セントウルステークス(GII)、2014年北九州記念(GIII)を勝った。順調に乗り込まれていて仕上がりも良さそうだ。

ルショコラ(牝、国分優作・吉田直弘、スクリーンヒーロー)…全兄マイネルグリットは2019年の小倉2歳ステークス(GIII)を勝った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加