女性に人気!?「犬系彼氏」との上手なつきあい方

女性に人気!?「犬系彼氏」との上手なつきあい方

  • @DIME
  • 更新日:2020/11/20
No image

彼氏の特徴を動物に例えた呼び方の一つに、『犬系彼氏』があります。では、犬系彼氏には、どのような特徴があるのでしょうか?犬系彼氏の魅力やデメリットの他、アプローチ方法や、長く付き合うためのポイントも紹介します。

犬系彼氏とは?

友達から「彼氏が犬系で…」と言われたら、どのような人を思い浮かべるでしょうか?聞きなれない、よく分からないという人もいるでしょう。

まずは犬系彼氏がどのような人のことを指すのか、見ていきましょう。

犬のように感情が分かりやすい彼氏

犬はうれしいときにしっぽを振ったり、好意を持っている人には近づいて行ったりと、感情を分かりやすく表現します。同じように、うれしい・悲しいなどの感情が分かりやすいのが、犬系彼氏の大きな特徴です。

うそをついたり、隠し事をしたりするのが苦手で、周りから見ても『今何を考えているのか』がすぐ分かってしまいます。自分の感情に素直で、率直な表現をするため、言葉の裏を探る必要がありません。好きな相手にも、好意を持っていることが伝わりやすいタイプです。

ちなみに、『猫系彼氏』という表現もありますが、こちらは気まぐれで、あまり感情を表に出さない男性を指します。犬系と猫系は、真逆のタイプといえるでしょう。

爽やかさが女性に人気

犬系の男性は、女性からの好感度が高いといわれています。その理由の一つが、『爽やかさ』です。

真っすぐな性格の犬系男子は、受け答えに裏表がありません。周囲に対しても明るく素直に振る舞うため、安心感や付き合いやすい印象があります。これらの言動を好意的に見て、『犬系は爽やかだ』と評されることが多いです。

男女関係なく友人が多いなど、社交的な人が多いのも特徴です。

犬系彼氏はここが魅力

No image

犬系彼氏にもさまざまなタイプがいますが、共通した魅力があります。犬系彼氏の持つ魅力の中から、三つのポイントを紹介しましょう。

一途で愛情深い

犬系彼氏の大きな魅力といえるのが、『一途で愛情深い』ところです。犬が飼い主に対して忠誠心を示すように、犬系彼氏も、好きな人に対して一途な態度を示します。しかも、その気持ちが簡単にブレることはありません。

「彼女を悲しませるような行動はしたくない」と考えているため、浮気をして裏切るような行動には至らないのです。パートナーに対して真っすぐな愛情を注いでくれるので、彼女も安心して付き合うことができるでしょう。

素直で社交性が高い

犬系彼氏は考えていることが分かりやすく、誰に対しても社交的です。基本的に『うそがつけないタイプ』なので、周囲からも信頼されやすく、好感を持たれることが多いでしょう。裏がない性格に、こちらも構えることなく、自然体で接することができます。

人懐っこい犬と同じように、他人に対してあまり臆することがないのも特徴です。コミュニケーション能力が高く、初対面の人を相手にしても、すぐに打ち解けてしまう人も多いでしょう。

好奇心が旺盛で、さまざまな場所に顔を出し、交友関係をどんどん広げていくような面もあります。

寂しがり屋

犬系彼氏は意外と繊細で、寂しがり屋な面もあります。犬はもともと群れる習性を持っており、集団で行動する動物です。犬系彼氏にもそれと同じことがいえます。

どちらかといえば、1人でどこかに出掛けるのは苦手で、人と一緒に行動するのが好きなタイプです。誰かに誘われたら、よほどの理由がない限り「断らない」という人もいるでしょう。

また、彼女にはいつも会いたいと考えたり、スキンシップを密に取りたがったりする傾向があります。愛情を素直に行動に表すため、人前でも気にせずスキンシップを取る人も少なくありません。

女性人気が高い理由

No image

さまざまなタイプの男性がいる中、犬系は女性の人気が高いタイプといわれています。では、人気が高い理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

愛情表現が分かりやすい

犬系彼氏は、ストレートに愛情表現をしてくれるタイプです。『好き』『かわいい』などの具体的な言葉を口にして、気持ちを素直に伝える傾向があります。また、手をつないだり、抱きしめたりといった行動で、愛情を示すこともあるでしょう。

男性は自分の気持ちを素直に伝えることが苦手な人も多く、一般的には、あからさまな愛情表現が得意ではありません。あまり愛情表現をしない相手と付き合っていると、女性は「自分は愛されていないかもしれない」と、不安を感じることもあるかもしれません。

しかし、犬系彼氏なら言動が分かりやすいため、そのような心配がありません。普段から自分の気持ちを表現してくれるため、自分が愛されていることを実感しやすく、安心感が得られます。

尽くしてくれる

彼女に対して尽くすタイプが多いのも、人気が高い理由の一つです。犬系彼氏は彼女を楽しませようと、一生懸命にデートのプランを練ったり、プレゼントを考えたりしてくれます。

『相手に尽くす』というと、無理しているのではないかと考える人もいますが、決して相手に好かれるために無理しているわけではありません。純粋に相手を喜ばせたいと思う気持ちから、自然に相手に尽くす行動に出ているのです。

また、相手をよく見ているため、感情の変化にも気付きやすく、気遣い上手ともいえます。言葉で伝えるだけでなく、具体的に尽くすことで愛情を表現してくれるのは、女性にとっては幸せを感じられるポイントでしょう。

マメなので寂しくない

男性の中には、『付き合う前はマメだった』『付き合い始めたら連絡頻度やデートの回数が減ってしまった』というタイプの人がいます。

一方で、犬系彼氏は彼女に対してマメに連絡を取る傾向があるため、彼女も寂しい思いをすることが少ないでしょう。

基本的に犬系彼氏は寂しがり屋であり、マメさに固執しているわけではありません。「彼女に構ってほしい」「彼女と何らかの形でつながっていたい」という思いから、結果的にマメになってしまうのです。

いろいろなことにマメに対応してくれるため、寂しいと感じることが少なく、安心して付き合えます。

犬系男子へのアプローチ法

No image

犬系男子に好意を持った場合、どのようにアプローチすればよいのでしょうか?犬系男子への効果的なアプローチ方法を紹介します。

自分から誘う

寂しがり屋な犬系男子に対しては、自分から積極的に声を掛けて誘うことから始めましょう。犬系男子は構ってもらいたい気持ちが強いため、誘いを掛けてくれる人に対して悪い印象は持ちません。

LINEなどでマメに連絡を取ったり、会う頻度を増やしたりして、なるべく接点が多くなるように行動するのがおすすめです。そうすることで、「好意を持っている」と意識してもらえます。

こちらからの好意を意識してもらえれば、相手から誘われるケースも増えてくるかもしれません。

追い過ぎるのはNG

自分から積極的に誘いを掛けたり、分かりやすく好意を伝えたりすることは大切ですが、あまりグイグイと押し過ぎないように注意しましょう。犬系男子がいくら寂しがり屋だといっても、女性からあまりに積極的に迫られると、萎縮してしまう男性もいます。

犬系男子と一言でいっても、女性の好みや恋愛の仕方はさまざまです。追われるよりも、追い掛ける恋愛を好むタイプももちろんいます。

基本的には素直なため、いわゆる駆け引きのような手段は必要ありません。ただし、自分が追い掛けるばかりにならないように注意が必要です。積極的にアプローチするだけでなく、たまには少し距離を置くなどして、様子を見るようにしてみましょう。

付き合い始めて分かるデメリットも

No image

どのような人にも欠点があるのは当たり前で、よいところばかりではありません。魅力がいっぱいの犬系彼氏にも、当然デメリットはあります。では、どのような点がデメリットといえるのでしょうか?

嫉妬深い傾向がある

犬系彼氏は一途で愛情深い反面、嫉妬深いところもあります。基本的には寂しがり屋なので、「自分だけを見てほしい」という気持ちが強いです。その嫉妬心があまりに強くなると、彼女を束縛してしまうことも考えられます。

嫉妬の対象は、男友達だけではありません。芸能人や趣味など、彼女が『入れ込んでいるもの』に対しても、焼きもちを焼いてしまう人もいます。また、仕事や趣味などでも同様で、「自分よりも他に優先するものがある」と感じると、不安になってしまうケースがあるのです。

嫉妬心は、相手に対する愛情があるからこそ抱く心情といえます。ですが、嫉妬心を抱く対象や嫉妬の度合いは、人によって異なります。その部分にズレを感じると、彼氏から嫉妬されることにストレスを感じるかもしれません。

彼氏以外との時間を持ちにくい

寂しがり屋であるために、「いつも彼女と一緒にいたい」と考えるのも、犬系彼氏の特徴です。彼女の側からすると、彼氏と会う約束だけで予定が埋まってしまい、他の人との時間を持ちにくくなってしまう可能性があります。

付き合い初めでお互いに気持ちが盛り上がっているときはよいのですが、交際期間が長くなると、この点に不満を覚える人もいるでしょう。

社交的でいろいろな人と出掛けたいタイプの女性は、彼氏以外の人との時間が作れないことに窮屈さを感じるかもしれません。また、1人の時間が欲しい場合は、その気持ちを理解してもらえず、「予定がないのになぜ会えないのか?」と言われてしまう可能性もあります。

愛情を重く感じてしまう

彼女に対して真っすぐな愛情を注ぐのが、犬系彼氏の魅力の一つです。しかし、その『愛情』を重く感じてしまうケースがあります。

原因の一つは、自分の気持ちと彼氏の行動との温度差です。マメに連絡したり、頻繁に会ったり、何でも彼女を優先してくれる性格を『優しさ』と捉えているうちはよいでしょう。しかし、それが当たり前になってくると話は変わります。他に優先したいことがある場面では、彼氏の愛情が負担に思えるケースも出てくるのです。

例えば、仕事が忙しいときや友人と会っているときなど、彼氏と離れているわずかな時間の間に『頻繁にLINEが送られてくる』などの行動が挙げられます。

もちろん相手は愛情表現をしているだけですから、それをとがめることはしにくいでしょう。しかし、愛情表現の仕方に違いを感じたとき、重く感じてしまう可能性があります。

うまく付き合っていくコツは?

No image

彼氏が犬系の性格をしている場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか?長くお付き合いを続けるために、押さえておきたいポイントを紹介します。

彼氏へ愛情を伝える

犬系彼氏は、率直に愛情を伝えてくれる人が多いです。しかし、彼氏が愛情を示してくれるからといって、それに甘えてばかりでは長続きしません。

うまく付き合っていくためには、自分も同じように『愛情を伝える』ことが大切です。言葉で愛情を表現したり、感謝の気持ちを伝えたりしてみましょう。

また、スキンシップを積極的に取るのも、愛情表現の一つとしておすすめです。一緒にいるときには彼氏に触れるなど、言葉だけでなく行動でも愛情を伝えましょう。

よいところを褒める

相手のよいところを見つけたら、素直に褒めるようにしてみましょう。口に出して相手を褒めるのが苦手という人もいますが、誰でも褒められて悪い気はしません。

特に犬系彼氏は、『褒められて伸びるタイプ』が多いです。褒めることで自信を持ち、褒めてくれた彼女に対しても、一層愛情を深めてくれるでしょう。

小さなことでも気が付いたら褒めるようにすることで、「自分をしっかり見ていてくれている」という安心感を与えられます。彼氏が努力して成し遂げたことがあれば、少し大げさなくらい褒めてもよいでしょう。そうすることで、嫉妬心を持たれる可能性もぐっと減るはずです。

適度な距離感を大切にする

犬系彼氏は寂しがり屋が多いため、会う回数や連絡する回数が多くなる傾向があります。しかし、もし自分がマメなタイプでない場合、それが当たり前になると、いつしか負担になってしまうかもしれません。

長く付き合いを続けるには、適度な距離感を保つことも重要なポイントです。

それぞれが別に過ごす時間をあえて作るなどして、1人の時間も大切にするよう心掛けてみましょう。そのときには連絡をしっかり取り、次に会ったときに胸の内を話し合うことで、適度な距離感でも安心を与えられます。

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加