富士フイルムの新コンセプトミラーレス「X-S10」発表! 新しいレンズとファームウェアアップデートも

富士フイルムの新コンセプトミラーレス「X-S10」発表! 新しいレンズとファームウェアアップデートも

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2020/10/16
No image

Image:富士フイルムImage:富士フイルム

さいきょうエントリー、来る。

富士フイルムが、2020年10月15日22時より配信された発表会「X Summit OMIYA 2020」にて、新しいミラーレス一眼「X-S10」を発表しました。今年11月に発売予定で、ボディ本体の価格は税別12万円。え、安い!

大きな特徴は、新規開発の5軸6段ボディ内手ブレ補正と、大きなグリップ。フジのXシリーズでここまでしっかりしたグリップを備えたモデルは、フラッグシップモデルの「X-H1」のみでした。それに加えて、「X-T4」からさらに小型化された手ブレ補正が合わさって、もうブレにさよならできそう。

フィルムシミュレーションには「X-Pro3」「X-T4」で実装されたクラシックネガも搭載。動画は4K30pで、バリアングル液晶と相まってフィルムライクな映像が手軽に撮れるはず。Vlogも意識してるのか、動画撮影ボタンが見えますね。

もちろんエンジンはX-Processor4、センサーはX-Trans CMOS 4。AFは世界最速0.2秒で、低照度限界は-7.0EV。エントリーな見た目に秘めた、フラッグシップ級のポテンシャル。Xシリーズにやってきた、新たな風です。実は、もうレビュー記事があったり。

新しいレンズも3本発表されました。1本目は「XF10-24mmF4 R OIS WR」。WR(防滴防塵)の無い同モデルの新バージョンですね。新しいジャイロセンサーの採用により手ブレ補正性能が改善され、レンズ単体で3.5段、「X-T4」との組み合わせで6.5段分の補正性能を実現。発売日は今年11月を予定。

このほかにも、望遠ズーム「XF70-300mm F4-5.6」と、広角単焦点「XF18mm F1.4」のお披露目がありました。パンケーキスタイルの「XF 18mm F2 R」とは違い、歪みを抑えたプライムなレンズになるそうな。写りが気になるねぇ。

「X-T3」のファームウェアアップデートについても発表されました。バージョン4.00のアップデートが公開予定で、「X-T4」と同クラスの0.2秒AF性能、顔AF&瞳AF、-7.0EVの低照度限界が追加される予定です。10月28日からダウンロード可能です。

とうとう先日「X-T4」を買っちゃったので、個人的にもフジ熱が最高潮なこの頃。「X-S10」が切り拓く新たな撮影体験にも注目しつつ、レンズ計画に悩んでいきたい所存です。望遠貯金、始まります。

Source: YouTube

ヤマダユウス型

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加